広島田中、DeNA宮崎は打率が今後上昇も? セイバーの指標「BABIP」で“予測”

広島田中、DeNA宮崎は打率が今後上昇も? セイバーの指標「BABIP」で“予測”

広島・田中広輔(左)とDeNA・宮崎敏郎【写真:荒川祐史】

打率と「BABIP」の関係から“予測”、パで打率が落ちそうな選手は…

 セイバーメトリクス系の指標にBABIP(Batting Average on Balls In Play)というものがある。「本塁打を除いてグラウンド内に飛んだ打球が安打になった割合」を示すもので、20年ほど前にアメリカの研究家、ボロス・マクラッケンが発見した指標だ。

 マクラッケンは投手のデータを研究していて、投手の被本塁打を除いた被打率が、投手の実力にかかわらず常に3割前後になることを見つけた。ここから、投手の被本塁打以外の被打率、打者の本塁打以外の打率(ともにBABIPという)は、実力と関係のない「偶然の産物」だという結論を導き出した。

 この研究は、関係者に大きな衝撃を与えたが、だれもマクラッケンの説を覆すことができず、BABIPは今では重要な指標の一つとなっている。小説「マネーボール」でもBABIPは紹介されているが、アスレチックスのビリー・ビーンらGMを筆頭とするMLBの編成担当は、このデータが発表されてから打率ではなく本塁打率、出塁率をより重視するようになった。

 BABIPは「運」の指標だ。今、BABIPが3割を大きく超えている打者は、いずれBABIPが下落し、それにともなって打率も下落する。3割を大きく下回っている打者は打率が上昇する。ただし、打者のBABIPの場合「足の速さ」という別の要素が入ってくる。足が速い選手はBABIPが高くなる傾向がある。NPBの生涯打率.353のイチローの生涯BABIPは.363だった。

 では5月29日時点の両リーグの規定打席以上の打者の打率とBABIPの関係を見ていこう。BABIPが4割以上の打者は今後打率が急落する可能性があるので▼、.350以上は▽、2割以下の打者は▲、.250以下は△をつけた。また盗塁数上位5傑には※をつけた。

【パ・リーグ】
1 森友哉(西) 打率.341 BABIP.377 ▽
2 秋山翔吾(西) 打率.323 BABIP.346
3 近藤健介(日) 打率.322 BABIP.390 ▽
4 今宮健太(ソ) 打率.317 BABIP.333
5 荻野貴司(ロ) 打率.313 BABIP.338 ※
6 レアード(ロ) 打率.307 BABIP.306
7 大城滉二(オ) 打率.303 BABIP.325
8 西川遥輝(日) 打率.303 BABIP.369 ▽
9 大田泰示(日) 打率.295 BABIP.329
10 茂木栄五郎(楽) 打率.292 BABIP.329
11 浅村栄斗(楽) 打率.284 BABIP.344
12 デスパイネ(ソ) 打率.283 BABIP.298
13 松田宣浩(ソ) 打率.283 BABIP.293
14 山川穂高(西) 打率.283 BABIP.275
15 ウィーラー(楽) 打率.279 BABIP.294
16 銀次(楽) 打率.277 BABIP.298
17 鈴木大地(ロ) 打率.276 BABIP.281
18 井上晴哉(ロ) 打率.273 BABIP.270
19 王柏融(日) 打率.273 BABIP.322
20 源田壮亮(西) 打率.269 BABIP.292 ※
21 吉田正尚(オ) 打率.268 BABIP.271
22 ブラッシュ(楽) 打率.265 BABIP.270
23 栗山巧(西) 打率.262 BABIP.313
24 内川聖一(ソ) 打率.255 BABIP.264
25 渡邉諒(日) 打率.252 BABIP.301
26 島内宏明(楽) 打率.246 BABIP.261
27 中田翔(日) 打率.243 BABIP.248 △
28 甲斐拓也(ソ) 打率.241 BABIP.301
29 福田周平(オ) 打率.231 BABIP.252
30 中島卓也(日) 打率.230 BABIP.304
31 外崎修汰(西) 打率.226 BABIP.231 △※
32 中村剛也(西) 打率.226 BABIP.257
33 木村文紀(西) 打率.221 BABIP.279
34 牧原大成(ソ) 打率.220 BABIP.280
35 中村奨吾(ロ)  打率.215 BABIP.210 △※
36 角中勝也(ロ) 打率.210 BABIP.212 △
37 金子侑司(西) 打率.207 BABIP.263 ※

 打率上位の選手のうち、西武の森、日本ハムの近藤、西川などはBABIPが高いので今後打率が落ちる可能性が高いと考えられる。ロッテ荻野は足が速いので、高打率をキープする可能性があるだろう。反対に、現在打率2割ちょっとロッテ中村はBABIPも低く、打率が急上昇する可能性がある。角中も同様。中村、角中ともに実績のある打者であり、一般的に考えても説得力がある。

中日高橋は高い「BABIP」、不調のDeNA宮崎と広島田中は…

【セ・リーグ】
1 鈴木誠也(広) 打率.358 BABIP.364 ▽
2 高橋周平(中) 打率.343 BABIP.385 ▽
3 坂本勇人(巨) 打率.325 BABIP.338
4 丸佳浩(巨) 打率.322 BABIP.356 ▽
5 青木宣親(ヤ) 打率.321 BABIP.335
6 梅野隆太郎(神) 打率.315 BABIP.356 ▽
7 大島洋平(中) 打率.314 BABIP.358 ▽※
8 筒香嘉智(De) 打率.311 BABIP.377 ▽
9 近本光司(神) 打率.306 BABIP.344 ※
10 西川龍馬(広) 打率.303 BABIP.313
11 神里和毅(De) 打率.301 BABIP.436 ▼
12 ビシエド(中) 打率.301 BABIP.331
13 平田良介(中) 打率.299 BABIP.304
14 山田哲人(ヤ) 打率.293 BABIP.320 ※
15 菊池涼介(広) 打率.291 BABIP.311
16 野間峻祥(広) 打率.286 BABIP.331 ※
17 バティスタ(広) 打率.286 BABIP.308
18 バレンティン(ヤ) 打率.281 BABIP.312
19 糸井嘉男(神) 打率.278 BABIP.343
20 大山悠輔(神) 打率.274 BABIP.290
21 雄平(ヤ) 打率.266 BABIP.295
22 京田陽太(中) 打率.263 BABIP.299 ※
23 ソト(De) 打率.262 BABIP.236 △
24 糸原健斗(神) 打率.258 BABIP.296
25 福留孝介(神) 打率.256 BABIP.295
26 宮崎敏郎(De) 打率.255 BABIP.242 △
27 岡本和真(巨) 打率.254 BABIP.292
28 大和(De) 打率.252 BABIP.292
29 ロペス(De) 打率.250 BABIP.262
30 中村悠平(ヤ) 打率.250 BABIP.256
31 村上宗隆(ヤ) 打率.244 BABIP.264
32 田中広輔(広) 打率.178 BABIP.239 △

 現在、打率2位の中日高橋のBABIPは非常に高く、今後は下落する可能性もある。阪神の梅野もその傾向があり、DeNAの神里もBABIPが4割を超えている。中日大島、阪神近本もBABIPが高いが、この2人は足があるので、打率をキープする可能性がある。反対に、開幕から不振にあえいでいる元首位打者のDeNA宮崎や広島田中はBABIPが低いので今後上昇する可能性が高い。

 BABIPは「いつから打率が上昇(下落)するか」を予測することはできない。BABIPが高い打者の中には、今季中に高打率を維持して翌年に下落する打者もいれば、すぐに下落する打者もいる。逆のケースも同様。しかしトータルで見れば「でき過ぎ」の打者、「実力を発揮できていない」打者を見極めるうえでは一定の意味があるといえよう。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)