巨人3カード連続勝ち越し、桜井7回1失点で3勝目! 西武は2カード連続負け越し

巨人、炭谷銀仁朗や阿部慎之助ら活躍で西武ライオンズに8得点 桜井俊貴は快投で3勝目

記事まとめ

  • 巨人は13日、敵地で行われた西武ライオンズ戦を8-2で勝利し、カード勝ち越しを決めた
  • 先発の桜井俊貴は、強力西武打線相手に7回4安打1失点の快投で3勝目
  • 打線は炭谷銀仁朗や阿部慎之助らの活躍で12安打8得点、西武は2カード連続負け越し

巨人3カード連続勝ち越し、桜井7回1失点で3勝目! 西武は2カード連続負け越し

巨人3カード連続勝ち越し、桜井7回1失点で3勝目! 西武は2カード連続負け越し

3ランを放った巨人・炭谷銀仁朗【画像:(C)PLM】

炭谷が古巣相手に豪快な3号3ラン、好リードで“恩返し”

巨人 8-2 西武(交流戦・13日・メットライフ)

 巨人は13日、敵地で行われた西武戦を8-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。先発の桜井が7回4安打1失点の快投で3勝目。打線は炭谷、阿部に一発が飛び出すなど12安打8得点で大勝した。

 巨人は初回に丸の右前タイムリーで先制すると4回には炭谷の3号3ラン、5回には阿部の3号2ランでリードを広げた。7回にも若林が2点タイムリーを放ち試合を決定付けた。

 投げては先発の桜井が強力西武打線相手に快投。失点は8点リードの7回に木村に浴びたソロのみ。7回4安打1失点の好投で3勝目を挙げた。西武は打線が沈黙し2カード連続負け越しとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)