【MLB】平野佳寿、3点リードの6回から登板し3勝目 1回2/3を2安打2Kで5戦連続無失点

ダイヤモンドバックスの平野佳寿が3勝目 1回2/3を無失点に抑え5戦連続無失点

記事まとめ

  • ダイヤモンドバックスの平野佳寿が敵地ナショナルズ戦に、6回から3番手で登板した
  • 1回2/3を2安打無失点2奪三振に抑え、今季3勝目(3敗5ホールド1セーブ)を挙げた
  • 平野は23球を投げて、ストライクは17球、5試合連続無失点で防御率は4.62となった

【MLB】平野佳寿、3点リードの6回から登板し3勝目 1回2/3を2安打2Kで5戦連続無失点

【MLB】平野佳寿、3点リードの6回から登板し3勝目 1回2/3を2安打2Kで5戦連続無失点

救援登板で好投したダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

3点リードの場面で登板、無失点で防御率は4.62に

■Dバックス 10-3 ナショナルズ(日本時間16日・ワシントン)

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が15日(日本時間16日)、敵地ナショナルズ戦に3番手で登板。1回2/3を2安打無失点2奪三振に抑え、今季3勝目(3敗5ホールド1セーブ)を挙げた。5試合連続無失点で防御率は4.62となった。

 ダイヤモンドバックスは先発クラークが4回2/3で降板し、2番手チャフィンが1アウトを取って6回へ。平野が3点リードでマウンドに上がると、先頭アダムスはスプリットで右直に抑えるも、ドジャーには直球を打たれ、二塁打とされる。しかし、ゴームズは直球で空振り三振。ロブレスも直球で右飛に仕留め、無失点に抑えた。

 7回も続投すると、パーラはスプリットで空振り三振。ターナーには直球をレフト前に運ばれたが、イートンは直球で左飛に仕留め、ここで降板。4番手ロペスはレンドンを三飛に仕留め、このイニングも無失点で終えた。

 ダイヤモンドバックスは8回にクロンの2ランなどで3点を加え、10-3で勝利。6回から1回2/3を無失点に抑えた平野に3勝目がついた。この日は23球を投げて、ストライクは17球だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)