【MLB】田中将大が“偉業”日本人4人目の「10奪三振&完封」達成 野茂英雄は5度記録

ヤンキース・田中将大がレイズ戦で今季5勝目 10奪三振での完封は日本人4人目の偉業

記事まとめ

  • ヤンキース・田中将大がレイズ戦に先発し、9回2安打10奪三振1四球で5勝目を挙げた
  • 米メディアによると、10奪三振での完封は日本人4人目の偉業となっている
  • 過去に達成した他の3人は、野茂英雄氏、黒田博樹氏、ダルビッシュ有である

【MLB】田中将大が“偉業”日本人4人目の「10奪三振&完封」達成 野茂英雄は5度記録

【MLB】田中将大が“偉業”日本人4人目の「10奪三振&完封」達成 野茂英雄は5度記録

本拠地レイズ戦で完封したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

野茂英雄は通算5度「10奪三振&完封」を達成

ヤンキース 3-0 レイズ(日本時間18日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手が17日(日本時間18日)、本拠地レイズ戦に先発し、9回2安打10奪三振1四球の快投を見せ5勝目を挙げた。米メディアによると「10奪三振&完封勝利」は日本人4人目の快挙だった。

 スライダー、スプリットが冴え渡り3回まで4奪三振の完全投球、その後も二塁を踏ませない圧倒的な投球を見せた田中。ESPN公式のデータ専門ツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」は今季初の完封勝利を挙げた田中の偉業を伝えている。

「マサヒロ・タナカは10奪三振と完封勝利を記録した4人目の日本人投手となり、ユウ・ダルビッシュ、ヒロキ・クロダ、ヒデオ・ノモ(5度)に仲間入りした」

 ヤンキースで6年目を迎え名実ともにチームを代表する投手となったが、意外にも10奪三振&完封はメジャー初。日本人ではダルビッシュ、黒田、野茂の3人だけしか達成していない偉業の仲間入りを果たした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)