【MLB】大谷翔平、確信の10号2ラン 内角の難しい球捉え「いい感じで打てたので入ると思った」

【MLB】大谷翔平、確信の10号2ラン 内角の難しい球捉え「いい感じで打てたので入ると思った」

2年連続2桁本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

日本人5人目の2年連続2桁本塁打「意識することなく1本1本丁寧に」

■エンゼルス 8-3 アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場し、2年連続2桁本塁打の10号2ランを放った。3回の第2打席で内角低めの難しいボールを中堅左のスタンドまで放り込むアーチを放ち、この日は4打数1安打1本塁打2打点。試合後、TVのインタビューに応じた大谷は「厳しいボールでしたけど、いいアプローチができた。いい感じで打てたので入るかなと思いました」と語った。

 初回の第1打席は右腕アンダーソンの前に見逃し三振。3回1死一塁で迎えた第2打席で一発は生まれた。1ボール1ストライクからの3球目、アンダーソンが投じた内角低めの難しいボールを捉えると、打球は中堅の頭上を超えてスタンドへと飛び込んだ。リードを3点に広げる豪快弾に、本拠地のファンは大盛り上がりとなった。

 出場9試合ぶりの一発で、22本塁打を放った昨季に続く2年連続2桁本塁打を達成した。複数年連続2桁本塁打は松井秀喜氏以来、日本人5人目となったが、自身は「まだ2年目。特に意識することなく、1本1本丁寧にいきたいなと思います」と語った。

 昨季の51試合を上回る44試合目での2桁本塁打到達となり、日米通算80本目の本塁打となった。大谷は第3打席は空振り三振、第4打席は見逃し三振に倒れて、この日は4打数1安打1本塁打2打点で打率.290となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)