【MLB】ストラスバーグが3者連続3球三振 衝撃の9球にファン「現実的じゃない」

【MLB】ストラスバーグが3者連続3球三振 衝撃の9球にファン「現実的じゃない」

本拠地マーリンズ戦で先発したナショナルズのストラスバーグ【写真:Getty Images】

7回1/3被安打2無失点14奪三振の好投でナ・リーグ1位タイの10勝目を挙げた

■ナショナルズ 3-1 マーリンズ(日本時間4日・ワシントン)

 ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が3日(日本時間4日)、本拠地マーリンズ戦に先発し、7回1/3、被安打2無失点14奪三振の好投でナ・リーグトップタイの10勝目を挙げた。4回には、相手クリーンナップのクーパー、ウォーカー、カストロを3者連続3球三振に打ち取る衝撃の投球を披露した。

 球団公式ツイッターによると、ストラスバーグが3者連続三振を記録したのはキャリア初。1試合10奪三振以上は44回目だという。9球の内訳は以下の通り。

1 93.5マイル(150.5キロ)ツーシーム、見逃し
2 88.2マイル(141.9キロ)チェンジアップ、ファウル
3 94.5マイル(152.1キロ)ツーシーム、見逃し三振
4 87.4マイル(140.7キロ)チェンジアップ、見逃し
5 87.5マイル(140.8キロ)チェンジアップ、ファウル
6 95.1マイル(153.0キロ)ストレート、空振り三振
7 93.9マイル(151.1キロ)ツーシーム、空振り
8 81.5マイル(131.2キロ)カーブ、ファウル
9 95.6マイル(153.9キロ)ツーシーム、見逃し三振

 MLB公式インスタグラムが動画でこの9球を公開すると、ファンの驚きのコメントが相次いだ。

「エグい」

「素晴らしい」

「ワォ」

「安定している」

「これ以上はない!」

「どうやったらあのようにボールがカーブするの?」

「現実的じゃない」

「最高」

「最初のはボールだったけど、それでもクールだ」

 ここ15戦12勝の快進撃でワイルドカード圏内まで1ゲーム差に迫ってきたナショナルズ。6月は5先発で防御率5.70と調子を落としていた豪腕が復調し、6月6戦6勝のエース、シャーザーとともにチームを引っ張っていく。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)