今季は5時間越えが3試合、最短は1時間ゲーム 最長&最短試合トップ10を振り返る

今季は5時間越えが3試合、最短は1時間ゲーム 最長&最短試合トップ10を振り返る

ソフトバンク・工藤監督と西武・辻監督【写真:荒川祐史】

8日のソフトバンク-西武戦は今季最長タイの5時間21分を記録

 7月8日、東京ドームで行われたソフトバンク-西武戦は、延長12回、ソフトバンクの劇的な勝利となったが、試合時間は今季最長タイの5時間21分だった。

 試合開始が午後6時1分。終わったのは午後11時22分。東京ドームは東京都心にあるから、まだ帰宅の足はあっただろうが、ファンにとって月曜から帰宅時間が午前様になるのは、厳しい話だったはずだ。

○今季の最長試合トップ10

1位 5時間21分 ソフトバンク-西武 /7月8日 東京ドーム(延長12回)
1位 5時間21分 ロッテ-西武 /4月23日 ZOZOマリン(延長12回)
3位 5時間12分 日本ハム-オリックス /3月30日 (札幌ドーム(延長12回)
4位 4時間55分 ソフトバンク-楽天 /5月3日 ヤフオクドーム(延長12回)
5位 4時間53分 ヤクルト-阪神 /5月8日 神宮(延長12回)
6位 4時間48分 オリックス-阪神 /6月16日 京セラドーム(延長12回)
7位 4時間42分 ソフトバンク-阪神 /6月11日 ヤフオクドーム(延長12回)
8位 4時間40分 楽天-日本ハム /5月15日 楽天生命パーク(延長11回)
9位 4時間35分 オリックス-楽天 /4月7日 京セラドーム(延長12回)
10位 4時間30分 阪神-巨人 /5月29日 甲子園(延長12回)

 5時間超えは今季3試合目だ。10位までのすべてが延長戦。現在の規定では、試合時間にかかわらず延長12回までは試合を行う。試合が膠着状態になれば、こういう長時間試合になるのだ。

今季の最短試合は1時間53分、5月19日・雨天コールドのソフトバンク-日本ハム戦

 ちなみに9回での試合では、6月28日・楽天生命パークの楽天-ロッテ戦の4時間23分が最長。この試合は6-5でロッテが勝ったが、ロッテが6人、楽天も5人の投手を起用。投手交代が、試合時間を長引かせるのだ。

○今季の最短試合トップ10

1位 1時間53分 ソフトバンク-日本ハム /5月19日 鹿児島(5回コールド)
2位 2時間9分 楽天-ロッテ /6月29日 楽天生命パーク(6回途中コールド)
3位 2時間21分 オリックス-楽天 /4月5日 京セラドーム
4位 2時間21分 日本ハム-オリックス /5月8日 札幌ドーム
5位 2時間24分 ソフトバンク-西武 /5月16日 ヤフオクドーム
6位 2時間26分 ソフトバンク-阪神 /6月13日 ヤフオクドーム
7位 2時間27分 西武-楽天 /5月5日 メットライフドーム
7位 2時間27分 中日-巨人 /4月10日 ナゴヤドーム
9位 2時間29分 DeNA-日本ハム /6月18日 横浜スタジアム
9位 2時間29分 阪神-広島 /7月7日 甲子園

 上位2つは雨天コールド試合。9回の試合では、4月5日(金)、京セラドームのオリックス-楽天戦の2時間21分。2-0でオリックスが勝った。起用した投手は両チームともに2人だった。

 野球はサッカーなど他の競技と異なり、試合時間が決められていない。「試合時間の長さ」は「野球離れ」の一因とされる。NPBもスピードアップを奨励しているが、頻繁に投手交代があれば試合時間は長引かざるを得ない。

 しかし高校野球は9回、2時間が今も標準だ。だから1日4試合をしてナイターにならないこともある。プロ野球も攻守交代や投手交代の時間を早めたり、グランド整備の時間を短縮するなど、「時短」に向けて努力をする余地はまだあるはずだ。

 今季の平均試合時間は9回の試合のみで3時間15分、延長戦を含むと3時間20分。昨年よりもいずれも2分、長くなっている。プロ野球のスピードアップはNPB全体で取り組む課題だろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)