日ハム斎藤佑樹、今季最長3回1/3、3安打無失点の好投 5月以来の1軍登板で結果残す

日ハム斎藤佑樹、今季最長3回1/3、3安打無失点の好投 5月以来の1軍登板で結果残す

日本ハム・斎藤佑樹【写真:石川加奈子】

3回途中から2番手で登板し3回1/3、3安打無失点の好投を見せる

■ロッテ – 日本ハム(9日・ZOZOマリン)

 日本ハムの斎藤佑樹投手が9日、敵地ロッテ戦で2番手として登板。今季最長イニングとなる3回1/3、3安打無失点の好リリーフを見せた。1軍登板は5月3日の西武戦以来だった。

 斎藤は6点ビハインドの3回無死走者なしの場面で2番手としてマウンドへ。先頭の角中を空振り三振、続く井上に左前打を浴びたが田村を右飛、藤岡を中飛に抑え無失点。

 4回は3者凡退、5回は2死から角中に左前打を浴びたが続く井上を遊ゴロに抑える。6回は田村を一邪飛、続く藤岡に左翼へ二塁打を浴び降板。斎藤は5月以来の1軍登板で今季最長となる3回1/3を投げ3安打無失点と結果を残した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)