ロッテ16年ドラ1佐々木、7回1失点の好投で656日ぶり勝利! 104球の熱投で復活アピール

ロッテ16年ドラ1佐々木、7回1失点の好投で656日ぶり勝利! 104球の熱投で復活アピール

656日ぶりの白星を挙げたロッテ・佐々木千隼【画像:(C)PLM】

打線は2回に田村のタイムリーで先制、3回には清田の満塁ホームランなどで援護

■ロッテ 6-1 日本ハム(9日・ZOZOマリン)

 昨年7月に右肘手術を受けたロッテの佐々木千隼投手が9日、本拠地での日本ハム戦に今季先発。7回5安打1失点の好投で2017年9月21日対西武戦以来、656日ぶりの白星を挙げた。

 2017年10月5日・楽天戦以来、642日ぶりの1軍登板となった佐々木。初回は1死から近藤に左前打、中田に四球を与え一、二塁のピンチを背負うが王柏融を二ゴロに抑え無失点スタート。

 2回も先頭の渡邊に中前打を浴びたが後続を打ち取り無失点。リズムを取り戻した3、4回を3者凡退に抑えると、勝利投手の権利がかかった5回は先頭の渡邊に中前打を浴びるも続く清水を三ゴロ併殺、清宮を見逃し三振に抑えた。

 6回は2死走者なしから近藤にソロを浴びたが、7回もマウンドに上がると2死一塁から代打・田中賢を空振り三振に仕留めお役御免となった。

 佐々木はルーキーイヤーの2017年に4勝7敗、防御率4.22の成績を残したが、昨年は7月に右肘を手術するなど1軍登板はなかった。2年ぶりの登板となった復帰戦で17年9月21日対西武戦以来、656日ぶりの白星を挙げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)