ロッテ井口監督、656日ぶり勝利の佐々木を称賛 「攻めるピッチングをしてくれた」

ロッテ井口監督、656日ぶり勝利の佐々木を称賛 「攻めるピッチングをしてくれた」

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

佐々木は7回5安打1失点の好投で2017年9月21日対西武戦以来、656日ぶりの白星

■ロッテ 6-1 日本ハム(9日・ZOZOマリン)

 ロッテは9日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで日本ハムと対戦。先発の佐々木が7回5安打1失点の好投で2017年9月21日対西武戦以来、656日ぶりの白星。打線も序盤から援護しチームは6-1で快勝した。

 2017年10月6日以来、642日ぶりの1軍マウンドとなった佐々木。初回、安打と四球で2死一、二塁のピンチを迎えたものの、王柏融を二塁ゴロに打ち取り、無失点で切り抜ける。

 打線は2回、こちらも約2年ぶりの1軍マウンドとなった日本ハム先発・中村から2死一、二塁の好機を作ると、佐々木をリードする田村が右前適時打を放ち先制に成功。続く3回には清田の6号満塁弾などで一挙5点を奪いリードを広げた。

 序盤からの大量リードで復帰登板の右腕を援護すると、それに応えるように佐々木は104球の力投、7回5安打1失点で首脳陣の起用に応えた。

 試合後、井口監督は「(佐々木は)コントロールも非常に良かったですし、攻めるピッチングをしてくれた。打線も一気に叩き込めましたし、満塁ホームランも出て、序盤で流れを引き寄せられたと思います」と、投打噛み合っての快勝に頬を緩めた。

 10日に先発を予定していたボルシンガーが、練習中に右足首を捻挫したため、今季リリーフ陣の一角を占める唐川が、昨年7月5日のオリックス戦以来、約1年ぶりの先発登板となるが「なんとか明日、中継ぎ全員で勝ちたいと思います」と、リリーフ陣を総動員して、オールスター前最後の試合を取りに行くつもりだ。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)