【MLB】田中将大、球宴初登板は1回無失点 安堵の笑顔「ホッとしました」

ヤンキース田中将大がMLBオールスター初登板 ダルビッシュ有、上原浩治さん以来

記事まとめ

  • ヤンキースの田中将大投手がMLBオールスターゲームでア・リーグの2番手として初登板
  • 1イニングを無失点に抑え、降板後は「ホッとしています」と安堵の笑顔を浮かべた
  • 日本人の登板は2014年のダルビッシュ有投手、上原浩治さん以来5年ぶりとなった

【MLB】田中将大、球宴初登板は1回無失点 安堵の笑顔「ホッとしました」

【MLB】田中将大、球宴初登板は1回無失点 安堵の笑顔「ホッとしました」

MLBオールスターでア・リーグの二番手として登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

「ゲームに入るまでも慌ただしくて、あっという間に終わった」

■ア・リーグ – ナ・リーグ(日本時間10日・クリーブランド)

 ヤンキース田中将大投手が9日(日本時間10日)、クリーブランドで行われている第90回MLBオールスターゲームでア・リーグの2番手として初登板し、2回の1イニングを無失点に抑えた。先発のジャスティン・バーランダー投手の後を継ぎ、2番手でマウンドへ上がり、降板後は「ホッとしています」と安堵の笑顔を浮かべた。

 田中は0-0の2回に2番手でマウンドへ。先頭打者のドジャース主砲ベリンジャーをスプリットで空振り三振。ロッキーズの主砲アレナドは直球で中飛に仕留め2アウト。パイレーツの主砲ベルをスプリットでニゴロに抑えるも、チャレンジで判定が覆り、これは内野安打に。しかし、続くカブスのコントレラスをスライダーで投ゴロに仕留めて無失点に抑えた。

 田中はメジャー1年目の2014年に初のオールスター選出を果たしたものの、直前に右肘の靭帯部分断裂の重傷を負ったため、出場することはできず。選出は2度目だが、マウンドに立つのはこれが初だった。日本人の選出は2017年のダルビッシュ有投手(当時レンジャーズ)以来2年ぶり。登板は、2014年のダルビッシュ、上原浩治投手(当時レッドソックス)以来5年ぶりとなった。

 降板後、田中は「ホッとしてます」と笑顔を浮かべ「初めてだったので。ゲームに入るまでも慌ただしくて、これがこっちのオールスターなんだと、あっという間に終わった感じです。違いがあって、こっちはこういう感じなんだと経験できました」と語った。
 
 試合前には家族とともにオープンカーに乗ったり、レッドカーペットを歩いたりと、普段あまりない体験をし「家族やスタッフにもいい経験になったのかな。なかなか経験できることではないので、貴重な経験をさせていただいたのかなと思います。(まい夫人は)『凄いね』とは言ってました」と語っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)