川崎宗則氏、現役復帰の可能性あった!? 台湾メディア報じる「プレー機会を模索してた」

川崎宗則氏、現役復帰の可能性あった!? 台湾メディア報じる「プレー機会を模索してた」

川崎宗則氏プレー機会模索も

川崎宗則氏、現役復帰の可能性あった!? 台湾メディア報じる「プレー機会を模索してた」

台湾プロ野球・味全ドラゴンズの客員コーチに就任する川崎宗則【写真:藤浦一都】

地元メディアが統一ライオンズの蘇オーナーのコメントを紹介「代理人と話をした」

 台湾プロ野球の味全ドラゴンズの客員コーチに就任すると発表された元ソフトバンクの川崎宗則内野手。味全ドラゴンズの発表を受けて日台両メディアが続々と報じているが、そんな中、川崎氏には台湾で現役復帰する可能性があったことを地元メディアが報じている。

 川崎市は昨年3月末に自律神経の病気のために、ソフトバンクを退団。その後回復に努めていた。客員コーチという形で久々にグラウンドに立つことになりそうな川崎氏。まだ具体的な指導期間や、どの部門のコーチをするかは発表されていないものの、7月13日に行われる台湾でのファンミーティングで元気な姿を見せてくれるようだ。

 昨季は静養に努めながら、城所龍磨氏やイチロー氏のトレーニングのサポートをするなど、野球に触れる機会も増えていた。そんな中で台湾メディア『ETtoday運動雲』は、今年5月、新外国人選手として川崎氏が台湾プロ野球の統一ライオンズに入団する可能性があったと報じている。

 記事では今年5月に川崎氏が代理人を通じて統一ライオンズに接触し、台湾での現役復帰の可能性を模索していたことを紹介。記事では、同球団の蘇泰安オーナーのコメントを伝え、蘇オーナーは「川崎氏の代理人と(川崎氏に)台湾でプレーする機会があるかどうかを話をしました。川崎氏については高い守備力を誇り、有名な選手であることを認識していました。当時は外国人野手の獲得を考えていましたが、チーム戦力を評価、検討し最終的に獲得には至りませんでした」とコメントしている。

 また、同時に「川崎氏が味全ドラゴンズの客員コーチに就任すると聞きました。これは台湾の野球にとってとても良いことだと思います」と川崎氏が味全ドラゴンズの客員コーチに就任することを歓迎している。統一ライオンズは選手やコーチとして積極的に日本人を受け入れており、近年では西武とのコラボイベントを開催するなど友好的なチーム。「統一ライオンズ・川崎宗則」は実現しなかったが、もし入団していればより台湾プロ野球のシーズンを盛り上げていたことだろう。(豊川遼 / Ryo Toyokawa)

関連記事(外部サイト)