ロッテ井口監督、ブルペンデーで快勝も「今後はおそらくない」

ロッテ井口監督、ブルペンデーで快勝も「今後はおそらくない」

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

先発のボルシンガーのアクシデントでブルペンデーに「中継ぎに負担がかかる」

■ロッテ 5-0 日本ハム(10日・ZOZOマリン)

 ロッテは10日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで日本ハムと対戦。「リリーフデー」となった投手陣に打線が5回までに5点を援護すると、唐川、チェン、石川、松永、田中、益田と6人の投手リレーで、日本ハム打線を完封。5-0で勝利し、前半戦最後を連勝で締めくくった。

 2回、相手の失策などで作った1死三塁から角中の左犠飛で1点を先制。4回には2死から清田があわや本塁打かという特大の中越え二塁打を放つと、続く角中が左前適時打。さらに、井上もあわや本塁打かという特大の左越え適時二塁打を放って2点を追加した。5回にも1死満塁からレアードが左翼へ2点適時打を放ち、中盤までに5-0とリードを広げた。

 先発予定だったボルシンガーの右足捻挫を受け「リリーフデー」として、この試合を戦うことを決めた投手陣は、「一番最初のマウンドに立つ経験がないと不安だろう」と、先発経験豊富な唐川が初回を無失点で立ち上がると、2回からは2番手チェンが、走者を出しながらも3回を無失点。5回には腰痛からの復帰登板となる石川が自身初となるリリーフ登板。毎回得点圏に走者を背負う展開となったが、あと1本を許さず2回を無失点でしのいだ。

 その後を7回松永、8回田中とつなぎ、最後は益田が締めてゲームセット。オールスター前最後の試合を、投打が見事にかみ合い勝利した。試合後井口監督は「今日はなんとかブルペン全員で守り抜いてくれました。打つ方もしっかり点が取れて、いいパターンでいけたと思います」と、チーム初のブルペンデーでの勝利に安堵していた。

 今回はボルシンガーのアクシデントにより急遽「ブルペンデー」だったが、「基本は先発がしっかり投げて、抑えが締めるっていう形。これを毎日やっていたら、中継ぎに負担がかかってしまうので、今後はプレーオフとかそういうのに入らない限りは、おそらくないと思います」と話した。「本当に中継ぎはこの前半戦、かなりの試合数をこなしてくれた。(オールスター期間の)この4日間はしっかり休んでもらって、後半戦、スパートをかけていきたい」と、後半戦も引き続き、リリーフ陣の奮投に期待していた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)