【MLB】大谷翔平、第1打席で左前打&自己最長タイ8戦連続安打! 急逝スカッグス「45」着用し快音

【MLB】大谷翔平、第1打席で左前打&自己最長タイ8戦連続安打! 急逝スカッグス「45」着用し快音

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

スカッグスの背番号「45」を背負い第1打席で鮮やかな左前打、8戦連続安打は自身最長タイ

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間13日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で6試合連続スタメン出場。第1打席で左前打を放ちメジャー自己最長タイとなる8戦連続安打をマークした。

 初回、トラウトの29号2ランで先制した直後の第1打席。2ボール2ストライクからの5球目を弾き返した打球は左前に弾む自己最長タイの8試合連続安打となった。その後、1死一、二塁からシモンズの左前打で3点目のホームを踏んだ。

 相手先発は通算100勝右腕のマイク・リーク、今季はここまで7勝7敗、防御率4.32。5月31日の対戦では3号ソロを放っており通算では12打数5安打、打率.417と好相性。後半戦初戦となった第1打席でいきなり快音を響かせた。

 この日は試合前に急逝したスカッグス投手を称えるセレモニーが行われ、始球式はスカッグス投手の母が務めた。そして後半戦初戦、ホーム開催となった1戦は全員がスカッグス投手の背番号「45」を着用して試合に臨んだ。

 前半戦最終戦となった7日(同8日)のアストロズ戦では14号ホームランを放ったが試合後には体調不良を訴えていた大谷。オールスターブレイクで休養十分、勝負の後半戦を最高の形でスタートさせた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)