【MLB】エ軍、スカッグスに捧ぐ継投ノーノーに指揮官感無量 「最もスペシャルな瞬間の1つ」

【MLB】エ軍、スカッグスに捧ぐ継投ノーノーに指揮官感無量 「最もスペシャルな瞬間の1つ」

スカッグスの背番号「45」を身にまとったエンゼルスが継投でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】

先発コール、ペーニャが抑え史上13度目の継投でのノーヒットノーランを達成

■エンゼルス 13-0 マリナーズ(日本時間13日・アナハイム)

 エンゼルスは12日(日本時間13日)、本拠地マリナーズ戦で史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成し13-0で勝利した。スカッグスの“追悼試合”で起こった奇跡的な一戦にオースマス監督は「25年間で最もスペシャルな瞬間の1つかもしれない」と語った。

 この日の試合は急逝したスカッグス投手の“追悼試合”。試合前にはセレモニーが行われ黙祷も捧げられた。そしてチーム全員が左腕の背番号「45」を着用。指揮官はこの日の試合でオープナーを採用すると先発コール、ペーニャの継投で史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成した。

 打線も初回に打者一巡の猛攻で一挙7点を奪うなど13安打13得点で大勝した。試合後、オースマス監督は「とてもスペシャルだった。25年間で最もスペシャルな瞬間の1つかもしれない。このように勝利し、継投ノーヒットノーランを達成した。スカッグスのノーヒッターでもあると思う」と感慨深げに語った。

 試合前に行われたセレモニーではスカッグスの母親が始球式で登場。見事、捕手のミットに収まり奇跡的な一戦を予感させるものとなった。指揮官も「タイラーのお母さん、家族、奥さんも今日スタジアムにいた。辛い思いをしていて、彼らの気持ちが分かる。セレモニーは少し傷を開いた感じがした。タイラーがいなくなったという現実をまた実感することになったから。また感情が沸き起こった。だが、それがネガティブなことだと言いたくない」と、スカッグス家族への思いを口にしていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連記事(外部サイト)