【MLB】エ軍、スカッグス追悼の継投ノーノー 7回無安打のペーニャ「彼と彼の家族のため」

【MLB】エ軍、スカッグス追悼の継投ノーノー 7回無安打のペーニャ「彼と彼の家族のため」

スカッグス投手の背番号「45」を身につけ試合に臨んだエンゼルスの選手たち【写真:Getty Images】

試合後は全員がスカッグスの「45」のユニホームを脱ぎ、マウンドに並べる

■エンゼルス 13-0 マリナーズ(日本時間13日・アナハイム)

 エンゼルスが史上13度目の快挙を達成した。12日(日本時間13日)に行われたマリナーズ戦。後半戦初戦のこの日は、タイラー・スカッグス投手が急逝してから初の本拠地ゲームとなり、追悼試合として選手全員が背番号「45」のユニホームを着用して戦うと、投手陣がMLB史上13度目となる継投でのノーヒットノーランを達成し、13-0で大勝。大谷翔平投手は第1打席に左前安打を放ち、この日は4打数1安打1四球だった。

 初回に打者一巡の猛攻で7点を奪うなど、打線が爆発したエンゼルス。13安打13得点を挙げると、投手陣がマリナーズ打線に1本の安打も許さなかった。オープナーを採用したこの日は先発のコールが2回無安打2奪三振の好投で降板すると、3回からはペーニャが登板し9回まで安打を許さず、継投でのノーヒットノーランを達成した。球団では通算11度目の無安打無得点試合。継投でのノーノ―は史上13度目の快挙となった。

 スカッグス投手を追悼する白星を、ノーヒットノーランという形で飾ったエンゼルス。選手たちは笑顔を浮かべてハグを繰り返し、マウンド上には歓喜の輪が出来上がった。さらには、選手全員が着用していたスカッグスの「45」のユニホームを脱ぐと、マウンド上に次々と並べていった。亡き友を弔う1勝に、スタンドのファンからも感動の拍手が鳴り止まなかった。

 試合後、インタビューに応じたペーニャは「とても悲しい。彼がここにいられないことが悲しい。素晴らしい瞬間をむかえることができ、これは彼と彼の家族のための時間でした」と語り、コールも「スカッグスのお母さんの始球式がど真ん中から始まった。素晴らしい1球から始まった。我々はタイラーと家族のために頑張った」とコメントしていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)