【MLB】大谷翔平「3番・DH」で2戦ぶりスタメン 昨季2打席連続弾を浴びせた右腕と対戦

【MLB】大谷翔平「3番・DH」で2戦ぶりスタメン 昨季2打席連続弾を浴びせた右腕と対戦

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

昨季のインディアンス戦のOPSは1.613、先発クレビンジャーからは同じ敵地で2打席連続弾

■インディアンス – エンゼルス(日本時間3日・クリーブランド)

 エンゼルスは2日(日本時間3日)の敵地インディアンス戦(同午前8時10分開始)のスタメンを発表し、大谷翔平投手は「3番・DH」で2試合ぶりにスタメンに名を連ねた。昨季2打席連続本塁打を浴びせた右腕を相手に4試合ぶりのホームランが飛び出すか、期待がかかる。

 大谷は30日(同31日)の本拠地タイガース戦で今季6度目の“猛打賞”を記録。初回の第1打席で打球速度103マイル(約166キロ)の痛烈な中前打を放つと、3回の第2打席は快足を飛ばし三塁内野安打を放ち、続くカルフーンの打席で今季9個目の盗塁に成功。5回1死二塁の第3打席では打球速度105マイル(約169キロ)の痛烈な中前適時打を放ち、4打数3安打1打点1盗塁と活躍した。

 しかし、翌31日(同1日)の同戦では7試合ぶりのベンチスタートで、最後まで出番はなし。チームも大敗した。大谷の今季成績は通算71試合出場、打率.292、15本塁打、43打点、OPS(出塁率+長打率).878となっている。

 インディアンスの先発は右腕マイク・クレビンジャー。今季9試合登板で5勝2敗、防御率3.28。大谷は昨年8月3日(同4日)に同じ敵地プログレッシブ・フィールドで対戦し、3打数2安打2本塁打3打点と圧倒した。インディアンスとは今季初対戦となるが、昨季は5試合で22打数11安打の打率.500、4本塁打、9打点、OPS1.613と相性がよかった。16号本塁打に期待がかかる。

【エンゼルス】
1(三)フレッチャー
2(中)トラウト
3(DH)大谷
4(左)アップトン
5(右)カルフーン
6(一)プホルス
7(遊)シモンズ
8(二)レンヒーフォ
9(捕)スタッシ
投手 コール(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)