【MLB】パイレーツ野手を襲ったまさかのハプニング 痛恨の“顔面スライディング”にファン苦笑

【MLB】パイレーツ野手を襲ったまさかのハプニング 痛恨の“顔面スライディング”にファン苦笑

敵地でのカブス戦に出場したパイレーツのコーリー・ディッカーソン【写真:Getty Images】

パイレーツ・ディッカーソンの三塁へのヘッドスライディングが…

■カブス 10-4 パイレーツ(日本時間14日・シカゴ)

 13日(日本時間14日)にシカゴで行われたカブス対パイレーツの一戦で、パイレーツのコーリー・ディッカーソン外野手が“痛い”アクシデントに見舞われた。

 7回のパイレーツの攻撃中だった。1死一、三塁で代打で打席に立ったディッカーソンは二ゴロ併殺崩れで一塁上に残った。続くケビン・ニューマン内野手の左前安打で、ディッカーソンは二塁を蹴り、一気に三塁へと向かった。

 三塁ベースに迫ると、ディッカーソンはヘッドスライディングを試みた。両手を伸ばし、ダイブを敢行した次の瞬間だった。地面に着いた両手が急ブレーキに。手を巻き込むようにして、体だけが突っ込んでいくと、衝撃で顔面を地面に強打した。そのまま“顔面スライディング”で三塁へと滑り込んでいった。

 この思わず笑ってしまう珍プレーに、MLB公式サイトのコーナー「Cut4」も注目。公式インスタグラムで「これが、好きな人に、あなたが自信満々にダイレクトメッセージ(DM)を送った結果」と茶化して動画を公開すると、ファンからも“爆笑”のコメントが寄せられた。

「ネタバレ注意! それでも目的は達成したけどね」

「美しい」

「まさに土を食べたよね」

「こんな感じで、ダイレクトメッセージ(DM)は捨てられちゃったんだね」

「三塁には到達したよ」

「ネックレスが取れちゃったりなんかしてるし」

「ネックレスまでも壊れてる」

「間違いなくこれはGIF画像なるね」

 ディッカーソンを襲うこととなった、まさかの“顔面スライディング”。首につけていたネックレスが外れるほどの衝撃だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)