【MLB】大谷翔平、第4打席で快音 菊池雄星の前に2打席無安打も、元ハム同僚から一塁強襲安打

【MLB】大谷翔平、第4打席で快音 菊池雄星の前に2打席無安打も、元ハム同僚から一塁強襲安打

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6月8日の初対決では3者連発となる6号ソロを放つなど3打数2安打だった大谷

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が、2試合ぶりの安打を放った。14日(日本時間15日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で8試合連続でスタメン出場。今季2度目の対戦となったマリナーズの菊池雄星投手の前に2打席無安打に終わったが、第4打席で快音を響かせた。

 この日のマリナーズの先発は花巻東高の先輩である菊池。注目の2度目の対戦は、第1打席がフルカウントからの7球目の変化球を大谷が見極めて四球、3回1死での第2打席では外角のスライダーに大谷のバットが空を切り空振り三振。2打席無安打に終わった。

 5回無死満塁での第3打席で2番手の元ヤクルトのカラシティーと対峙し、左翼への同点犠飛を放つと、第4打席でようやく快音を響かせた。前日は元西武のウェイド・ルブラン投手の前にノーヒットに終わっていた大谷だったが、日本ハムでチームメートだったアンソニー・バース投手から一塁強襲の内野安打を放ち、2試合ぶりの安打とした。

 6月を打率.340、自身の月間最多を更新する9本塁打22打点と好成績で駆け抜けた大谷。前日13日(同14日)の試合では苦手としているルブランに苦戦し、9試合ぶりの無安打に終わっていた。今季、ここまでの大谷は205打数61安打の打率.298、14本塁打38打点となっていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)