【MLB】大谷翔平、1安打1打点でメジャー通算100打点 指揮官「調子を上げてきている」

【MLB】大谷翔平、1安打1打点でメジャー通算100打点 指揮官「調子を上げてきている」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第3打席に同点犠飛を放つと、第4打席には12打席ぶり安打

■エンゼルス 6-3 マリナーズ(日本時間15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で8試合連続でスタメン出場し、2打数1安打1打点で3連勝に貢献した。今季2度目の対戦となった菊池雄星投手には2打席無安打に抑えられたが、第3打席で同点犠飛、第4打席では12打席ぶりとなる安打を放った。3連勝で貯金を2としたブラッド・オースマス監督は大谷の状態について「ショウは調子を上げてきていると思う」と語った。

 2度目の対戦となった菊池に対し、第1打席は四球、3回1死での第2打席では外角のスライダーにバットが空を切り空振り三振に倒れた大谷。それでも、5回無死満塁での第3打席では、2番手の元ヤクルトのマット・カラシティー投手から左翼への同点犠飛を放ち、メジャー通算100打点目をマーク。さらに第4打席では、日本ハムでチームメートだったアンソニー・バース投手と対戦し、一塁強襲の内野安打を放って2試合12打席ぶりの安打とした。

 大谷の犠飛で同点に追いついたエンゼルスは、8回にマット・サイス内野手がメジャー初本塁打となる3ランを放って勝ち越しに成功。9回をクローザーのハンセル・ロブレス投手が締めて逃げ切った。試合後、オースマス監督は大谷がトラウトの後ろ、アップトンの前の3番を打つことについての影響について言及。

「出塁率が高い選手が前、強打者が後ろにいることは、いいことだ。復帰後は調子が悪いわけではなかったが、最近は調子が上がってきており、前後を誰が打っているかは関係ないと思う。生産性という点では、トラウトの出塁率が高いため、打点は入れやすいだろうが、ショウは調子を上げてきていると思う」と語っていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連記事(外部サイト)