【MLB】菊池雄星、5回途中3失点で勝敗つかず 大谷は1三振1四球に封じ「攻め方良かった」

【MLB】菊池雄星、5回途中3失点で勝敗つかず 大谷は1三振1四球に封じ「攻め方良かった」

敵地でのエンゼルス戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

大谷との対戦は第1打席が四球、第2打席が空振り三振

■エンゼルス 6-3 マリナーズ(日本時間15日・アナハイム)

 マリナーズの菊池雄星投手は14日(日本時間15日)、敵地エンゼルス戦で先発したが、5勝目を逃した。4回まで1失点と好投していたが、5回にピンチを招いたところで降板。試合後は「最後、5回を抑え切りたかったなというところはありました」と悔しさを滲ませた。大谷翔平投手とのメジャー2度目の“花巻東対決”は1三振1四球だった。

 初回2死で、大谷とこの日最初の対決。フルカウントからの7球目が外れて四球を与えた。外角を厳しく突いた末の四球に「一発もあるので際どいところを攻めないといけない。その中での四球は仕方のないこと」とサバサバ。後続をしのいで、初回を無失点で切り抜けた。

 2回に先頭のカルフーンにソロ本塁打を浴びたものの、3回、4回は2イニング連続で3者凡退に封じた。3回1死での大谷との対戦は、外角のスライダーを振らせて空振り三振に仕留めた。「2打席目はいい形でボール球を振らせることができた。攻め方としては良かった」と納得の表情を浮かべていた。

 だが、5回、先頭のガーノーに四球を与えると、続くサイスには右前安打を許した。無死一、二塁とされたところで交代を告げられ、菊池は降板。リリーフが2点を失い、これにより菊池は4回0/3で2安打3失点となった。「5回を除けばいいボールもいってましたし、今までと違う攻め方でいけたので、すごく収穫はあった。今日持っている球で粘り強く投げられたのは良かった。5回のああいう場面で任せたと言ってもらえる投手になるよう信頼を得ていかないといけない」と試合後に語った。

 大谷との2度目の対戦は2打席で1三振1四球。「昨日のルブランが投げているのも参考にしながら、外中心で。内は甘く入ると長打があるので、今日は外中心でいきました」。8日(同9日)に第1子が誕生し、パパになってからの初登板だった菊池。“パパ初勝利”は残念ながらお預けとなったものの、大谷との“花巻東対決”には勝利した形となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)