ホークス上林が5安打2本塁打、オリ中川4盗塁…19年第16週投打5傑【パ編】

ホークス上林が5安打2本塁打、オリ中川4盗塁…19年第16週投打5傑【パ編】

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

西武の秋山、中村も5安打を放ち週間トップ

 オールスター直前のパ・リーグ、今季第16週の投打5傑を振り返ってみよう。

【パ・リーグ7/13時点での順位表】
1 ソフトバンク 84試48勝32敗4分 率.600 差–
2 日本ハム 84試41勝39敗4分 率.513 差7.0
3 西武 82試41勝40敗1分 率.506 差7.5
4 楽天 82試40勝40敗2分 率.500 差8.0
5 ロッテ 81試39勝40敗2分 率.494 差8.5
6 オリックス 83試36勝42敗5分 率.462 差11.0

【パ・リーグ第16週(7/8-7/13)の順位表】
1 ソフトバンク 3試2勝1敗0分 率.667
1 ロッテ 3試2勝1敗0分 率.667
1 オリックス 3試2勝1敗0分 率.667
4 日本ハム 3試1勝2敗0分 率.333
4 西 武 3試1勝2敗0分 率.333
4 楽 天 3試1勝2敗0分 率.333

第16週はオールスター前ということで1カードだけが行われた。2勝1敗と1勝2敗が各3球団という結果だった。

【打者5傑】
○安打
1 上林誠知(ソ)5
1 秋山翔吾(西)5
1 中村剛也(西)5
4 吉田正尚(オ)4
4 中川圭太(オ)4
4 松田宣浩(ソ)4
4 源田壮亮(西)4
4 中田翔(日)4
4 渡邉諒(日)4

○本塁打
1 上林誠知(ソ)2
1 中田翔(日)2
1 山川穂高(西)2
1 レアード(ロ)2
 1本塁打15人

○打点
1 レアード(ロ)5
2 上林誠知(ソ)4
2 中田翔(日)4
2 山川穂高(西)4
2 福田秀平(ソ)4
2 清田育宏(ロ)4
2 大城滉二(オ)4
2 外崎修汰(西)4

○盗塁
1 中川圭太(オ)4
2 福田周平(オ)2
 1盗塁11人

○打率 規定打席以上
1 上林誠知(ソ).500
2 中村剛也(西).455
3 秋山翔吾(西).417
4 渡邉諒(日).400
5 中川圭太(オ).364
5 松田宣浩(ソ).364
5 中田翔(日).364

○RC(Runs Created)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1 上林誠知(ソ)4.71
2 中村剛也(西)4.47
3 秋山翔吾(西)4.34
4 中田翔(日)3.97
5 中川圭太(オ)3.26

 今季、死球による剥離骨折で離脱し、その後も不振が続いていたソフトバンクの上林が10打数5安打2本塁打と活躍した。交流戦で首位打者だったオリックスの中川は4盗塁を決めた。

投手ではオリックスの山岡が7回無失点と好投

【投手5傑】
○勝利数
1 山岡泰輔(オ)1
1 佐々木千隼(ロ)1
1 則本昂大(楽)1
1 ニール(西)1
1 高橋礼(ソ)1
1 浦野博司(日)1
1 ディクソン(オ)1
1 チェン・グァンユウ(ロ)1
1 椎野新(ソ)1

○セーブ数
1ディクソン(オ)1
1井口和朋(日)1
1甲斐野央(ソ)1

○ホールド数
1加治屋蓮(ソ)2
1海田智行(オ)2
 1ホールド9人

○奪三振数
1 山岡泰輔(オ)7
2 岩下大輝(ロ)6
2 則本昂大(楽)6
2 高橋光成(西)6
2 ミランダ(ソ)6
2 和田毅(ソ)6
2 堀瑞輝(日)6

○防御率 (規定投球回数以上)
1 山岡泰輔(オ)0.00
1 則本昂大(楽)0.00
1 斎藤佑樹(日)0.00
1 平井克典(西)0.00
1 ディクソン(オ)0.00
1 チェン・グァンユウ(ロ)0.00
1 井口和朋(日)0.00

○PR(Pitching Run)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回÷9で算出 リーグ防御率は3.69
1 山岡泰輔(オ)2.87
2 則本昂大(楽)2.46
3 佐々木千隼(ロ)1.87
3 十亀剣(西)1.87
5 斎藤佑樹(日)1.37

 オリックス山岡が7回零封の好投でPRもトップ。今季初登板だった楽天則本昂も6回零封だった。日本ハム斎藤佑はロングリリーフで3.1回を零封し、PRで5位に入った。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)