【高校野球】「小さいからってなめんなよ!」智弁学園の“小さな巨人”が誓うVと監督への想い

【高校野球】「小さいからってなめんなよ!」智弁学園の“小さな巨人”が誓うVと監督への想い

163センチながらパンチ力のある智弁学園・坂下翔馬【写真:編集部】

奈良・智弁学園の坂下は1年夏から出場 163センチと小柄で好きな選手はアルトゥーベ

 2年前の夏、軽快な身のこなしでセカンドを守る1年生の姿が目にとまった。小柄なはずなのだが、プレーをしているとどうも小ささを感じさせない。むしろ大きくも見える。智弁学園の主将・坂下翔馬(3年)は163センチの体がずっとコンプレックスだった。少しでも身長を伸ばそうと、良いと聞いたことはとことんやってみた。でも、伸びなかった。3年間彼を取材してきて、ずっと口にしてきた言葉がある。

「おっきい奴に負けたくない」

 最初の頃は、身長の高い選手への嫉妬心のようなものが含まれていたが、智弁学園・小坂将商監督と出会い、次第にそれがパワーへと変わっていった。今ではこの体が自分の最大の特徴だと言い切る。指揮官との二人三脚もゴールを迎えようとしている。

 主将として最後の夏を迎えた坂下だが、すんなりとチームをまとめる立場になれたわけではなかった。昨夏の新チームの始動日。坂下は「キャプテンをやりたいです」と申し出たが、小坂監督の答えは「NO」だった。お前たちで決めてこいと指揮官は選手たちにキャプテンを選ばせた結果、みんなが選んだのは結局、坂下だった。

 小坂監督はアメとムチをうまく使い分ける。おそらく選手たちが坂下を指名することを分かっていて、あえて自分から「YES」を出さなかったと思う。坂下の性格をよく把握した上で、智弁学園の主将は簡単ではないということを伝えたかったのだろう。念願のキャプテンとしてスタートを切ったが、末っ子気質の坂下はうまくチームを引っ張ることができなかった。

「感情が顔に出やすくて、自分のことしか考えられていなかった」。秋の大会は準々決勝でライバル・天理にコールド負け。ここで小坂監督の“鞭”が発動する。

「こんなキャプテンやから負けるんや」

 ウエートルームで、1人で泣いた。悔しくて悔しくてたまらなかった。しんどい、辞めたいといった言葉が頭をよぎった。そんな坂下に手を差し伸べたのも、もちろん小坂監督だ。

いつも心に寄り添ってくれていた小坂監督 絶対に「恩返しを…」と誓う夏

「なに、落ち込んでるねん。みんなのところへ行って『元気出してやっていこう!』って声出さないとあかんやろ?」。涙をぬぐって仲間のもとに行くと「キャプテンは翔馬しかおらん」「俺らが支えるから」と、温かい言葉で迎えてくれた。同時に、「自分が変わらないと」という自覚も芽生えた。誰よりも早く起床し、バットを振るようになった。一冬越えてグラウンドへ行くと、常に誰かに声をかけている坂下の姿があった。確実に小坂監督の求めるキャプテン像に近づいていた。

 心の成長は、最大のコンプレックスを克服したことからもうかがえる。身長163センチの体格だ。

「体が小さいから……って言われたこともありましたし、正直嫌でした」。これまで野球をやってきて、どのチームでも一番小さかった。この体だと、これから先、活躍するのは無理なのかなと思ったこともあったという。

「小さいからといって大きい奴に負けるのは、俺は嫌いや。絶対に負けるな」。救ってくれたのは小坂監督のこの言葉だった。智弁学園→法政大学→松下電器(現:パナソニック)で活躍した指揮官自身も身長173センチと決して大きくない。坂下はこの言葉で自信を持てるようになった。さらには、米大リーグ・アストロズに所属するアルトゥーベの活躍も坂下に大きな希望を与えている。

「メジャーリーグでホームランも打っていますし、足も速いですし、守備もすごいんで、小さくてもやっていけるんだなとすごく勇気をもらえた選手です」と、目を輝かせる。アルトゥーベは身長168センチ、現役のメジャーリーガーで最も身長の低い選手と言われている。2014年に首位打者と盗塁王を獲得すると、2017年にはシーズンのMVPを獲得するなど、まさに体の大きさなど関係ないということを証明している。

 小さいからといって当てに行く打者と思われたくない。坂下は動画サイトで憧れのスターのフォームをチェック。打撃では体が小さい分、体全体を大きく使うことで打球を飛ばすことを意識しているそうだ。

 守備に関しても「小さいけど体の強さは負けない自信はありますし、小さい分スピードもあります。自分はすごくプラスに考えて守備は絶対に負けない自信があります」と、この体でなければ今の自分はいないとまで言い切るようになった。

「体が小さくても人より練習すれば大きい人に勝てると思うので、小さくても『あいつすごいな』と思わせたいです。これから社会人やプロ、そういうレベルの高いところで野球をやって小さな子に勇気を与えられる選手になりたい」

 3年間で坂下は心がとても強く、大きくなった。

 この夏の目標はもちろん1つしかない。

「監督には自分が絶対に恩返ししたいという気持ちが強いです。監督を男にするぞというのはみんなに伝えているので、必ず甲子園に連れて行きます!」

 小さな主将が大きな約束を果たす夏が始まった。

「小さいからってなんやねんというか、なめられたくないですね。見とけよって感じです」(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

関連記事(外部サイト)