【MLB】ヤ軍世界一へ先発補強は必須か NYメディア断言「信頼できるのは田中将大だけ」

【MLB】ヤ軍世界一へ先発補強は必須か NYメディア断言「信頼できるのは田中将大だけ」

6勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

後半戦初先発で6勝目「PSでの活躍が期待できる唯一の投手はタナカ」

■ヤンキース 4-2 ブルージェイズ(日本時間15日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は14日(日本時間15日)、本拠地ブルージェイズ戦で先発し、今季6勝目を挙げた。6回4安打2失点5奪三振無四球と今季10度目のクオリティ・スタート(QS、6回以上を自責3以下)を達成。悲願の世界一を目指す後半戦は好スタートとなり、野茂英雄投手(123勝109敗)、黒田博樹投手(79勝79敗)に続く通算70勝(39敗)に到達した。米メディアは、現在、10月のポストシーズンで頼りになるのは「タナカだけ」と伝えている。

 地元メディア「CBSニューヨーク」は「ヤンキースのトレード期限:エース投手を獲得しなければならない7つの理由」とのタイトルで、7月31日に迫るトレート期限に向けての特集を掲載している。

 記事では、今季からウエーバーが必要となる8月のトレードが廃止となることから、7月31日を過ぎれば「やり直しがきかない」と指摘。ここ数年、ヤンキースがプレーオフに進出しながらも世界一になるために「少し足りない」のは「シーズン半ばの停滞」とあったからだと分析している。つまり、シーズン途中の補強が不十分だというのだ。

 ヤンキースは今季、主力に怪我人が続出しながら、激戦のア・リーグ東地区を独走している。記事では、このことを評価しつつ「しかし、彼らに欠けていることが1つある。最前線で戦えるピッチャーの存在だ」とも言及。先発投手を補強すれば、28度目の世界一への「手助けしてくれる可能性が高い」というのだ。

 超名門球団にとって、今季は間違いなく勝負の年。生え抜き組と補強組が絶妙なバランスで融合し、スター軍団となっている。オフの補強で選手の総年俸はすでに「贅沢税」の上限を超えているというが、特集では「今こそお金を使う時だ」と指摘。10月の戦いに向けて、開幕前から離脱しているエース右腕セベリーノや、マリナーズからトレードで獲得した防御率4.01のパクストンはアテにならないとして、「現在、ポストシーズンでの活躍が期待できる唯一の投手は、マサヒロ・タナカだけである」と断言している。

田中は「ヤンキースで大舞台に強い投手と証明し続けている」

 2017年のポストシーズンでは、0勝2敗で迎えたインディアンスとの地区シリーズ第3戦で7回3安打無失点7奪三振と快投。チームはここから息を吹き返し、3連勝で突破した。リーグ優勝決定シリーズは第1戦で6回2失点の好投も負け投手に。しかし、2勝2敗で迎えた第5戦は7回3安打無失点8奪三振1四球と再び快投。王手をかけたヤンキースはその後2連敗で敗れたものの、田中の獅子奮迅の活躍にヤンキースファンは熱狂した。そして、昨年はレッドソックスとの地区シリーズ第2戦で5回3安打1失点と好投。チームが1勝3敗でライバルに屈指した中で唯一の白星を挙げた。

 5回2失点で敗戦投手となった2015年のワイルドカードゲームを含め、ポストシーズン5試合の防御率は驚異の1.50。まさに絶大な勝負強さを見せている。

 記事では「ヤンキースのファンがプレーオフで信頼できる投手はタナカだけかもしれない。30歳のタナカは、ヤンキースで大舞台に強い投手として(力を)証明し続けている。今年地区ライバルのレイズを圧倒しているだけでなく(4先発登板で防御率1.59)、タナカは、これまでポストシーズンの5先発登板で防御率1.50としている」と絶賛。今年もヤンキース首脳陣はポストシーズンで全幅の信頼を置いて田中をマウンドに送り出すはずだ。

 一方で、特集では「日本人右腕の唯一の問題は、登板間隔が長い方が活躍するため、7試合のシリーズで3回も登板しないだろう」とも指摘。レギュラーシーズンの登板は中4日が基本となっているメジャーでは、ポストシーズンになると中3日で先発する投手もいる。2試合→休み→3試合→休み→2試合と行われる7試合シリーズで3試合に登板することが可能になるが、田中についてはそれが考えられないと分析。それだけに「ヤンキースにはタナカほど、そしてタナカと共に10月に活躍できる誰かが必要だ」と訴えている。

 獲得候補として挙げられているのは、ナショナルズの右腕マックス・シャーザー、ジャイアンツの左腕マディソン・バムガーナーの2人。ナショナルズはプレーオフ進出の可能性が出てきたため、バムガーナーの獲得がより現実的としているが、果たしてどうなるか。どちらもメジャートップクラスの投手だけに、獲得が実現すれば世界一への大きなプラス材料となるのは間違いないが……。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)