日ハム快勝発進! 楽天3位浮上、ロッテ勝率5割復帰…15日のパ・リーグは?

日ハム快勝発進! 楽天3位浮上、ロッテ勝率5割復帰…15日のパ・リーグは?

後半戦を白星発進したロッテの選手たち【写真:荒川祐史】

鷹投打奮わず、西武4位タイ転落

 パ・リーグは後半戦開幕となった15日、各地で3試合が行われ、日本ハム、ロッテ、楽天がそれぞれ勝った。

 日本ハムはヤフオクドームで行われたソフトバンク戦で5-1で快勝した。初回に近藤、渡邉の適時打に田中賢の2点三塁打で4点先制。5回には石井の適時打で突き放した。投げては先発の堀が3回1安打無失点、2番手のロドリゲスが3回2安打1失点で4勝目を挙げた。ソフトバンクは先発の大竹が4回2/3で10安打5失点。打線も4安打1得点と投打で精細を欠いた。

 ロッテはメットライフドームで行われた西武戦で6-5で逆転勝ち。3連勝で勝率5割に復帰し、4位タイに浮上した。3点を追う2回、荻野の犠飛、暴投などで同点に追いつくと、1点を勝ち越された7回にはレアードの25号2ランで逆転した。投げては岩下が6回8安打5失点で4勝目。西武は1点を追う初回に中村の適時二塁打、栗山の2点適時打など4安打4得点で一時逆転したが、先発の今井が6回8安打4失点。1点リードの7回には2番手のマーティンが痛恨の逆転2ランを浴びた。ロッテに並んで4位に転落した。

 楽天は京セラドームで行われたオリックス戦で6-2で快勝し、3位に浮上した。2点を追う3回、ウィーラー、堀内の適時打で同点に追いつくと、4回には島内の適時打で勝ち越した。8回には島内の2点三塁打、ブラッシュの犠飛で3点を挙げて試合を決めた。島内が3安打3打点するなど打線は15安打6得点。腰の張りを訴えて先発を回避した塩見に代わって緊急先発した菅原は5回5安打2失点と粘投。2年ぶりの勝利を挙げた。オリックスは先発の田嶋が3回1/3で9安打3失点。打線は8安打も2点止まりだった。

→1 ソフトバンク 85試合48勝33敗4分 -
→2 日本ハム 85試合42勝39敗4分 6.0
↑3 楽天 83試合41勝40敗2分 1.0
↓4 西武 83試合41勝41敗1分 0.5
↑4 ロッテ 82試合40勝40敗2分 0
→6 オリックス 84試合36勝43敗5分 3.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)