「チームに貢献するため」“守備の人”からプロへ 西武ドラ3野手の転機とは?

「チームに貢献するため」“守備の人”からプロへ 西武ドラ3野手の転機とは?

西武のドラフト3位ルーキー・山野辺翔【写真:篠崎有理枝】

ドラフト3位で西武に入団した山野辺翔内野手、高校時代は「守備専門の選手」

 主力選手のFA移籍により、戦力ダウンが予想された埼玉西武ライオンズ。前半戦を3位で折り返したが、ローテーション入りを掴んだ本田圭佑投手、高橋光成投手ら若手選手の活躍もあり、後半戦への巻き返しに期待がかかる。そんな中、今年入団した選手たちも戦力になるべく奮闘している。ルーキーたちを紹介する第3回目は、ドラフト3位の山野辺翔内野手だ。

 東京都府中市出身。菅野剛士外野手(ロッテ)とは実家が近所で、子供の時からよく遊んでいた。

「一緒に野球をやったり、ゲームをしたり、家に泊まりに行ったりしていました。小学校も中学校も同じなので、学校から一緒に帰っていました。剛士は小学生の時からすごい打っていた。何とかくっついていきたいと思って頑張っていました。いっぱい練習もするから、そういう面は今でも見習わなきゃいけないと思っています」

 小学校3年生の時に全国屈指の強豪、武蔵府中リトルシニアに入部。1学年上には菅野のほかに、茂木栄五郎内野手(楽天)、横尾俊建内野手(日ハム)が在籍。

「子供のころ、城島健司さんにあこがれていたのでキャッチャーをやっていました。当時、剛士がサード、茂木さんがショート、横尾さんがピッチャーをやっていたので、横尾さんのボールを捕っていました」

 高校は茂木も進学した神奈川の名門、桐蔭学園高に入学。しかし、甲子園出場はならず、スタメンを勝ち取ることもできなかった。当時は全く打つことができず、他校からも「守備専門の選手」と思われていた。

「大学で横浜高から来た子と一緒になったとき『高校の時、自衛隊って呼ばれていたよ』と言われました。そのくらい打てなかった。チームに貢献するために、守備とバントの練習ばかりしていました」

 桜美林大に進学後も自分のバッティングができずに苦しんだ。1部昇格を目指していた1年春のリーグ戦は入れ替え戦に進んだが、1勝1敗で迎えた3戦目の延長16回にラストバッターになり敗戦。1部昇格はならず、人知れず涙を流した。それからは「先輩たちに申し訳ない」という気持ちから、思い切ったプレーができなくなった。

社会人時代はトヨタ自動車の補強選手として都市対抗に出場も…

「辛かったですね。だいぶ落ち込みました。今でも、先輩方に会うと申し訳ない気持ちになります。バッティングで結果を残せるようになったのは、2年の秋からです。3年生の方々がプレーしやすい環境を作ってくれたことも大きかったと思います」

 それまでの守備中心の練習から、打撃練習を増やしたことで、バッティングが楽しいと思えるようにもなった。そして、2年秋にはベストナインを獲得。そこから4季連続ベストナインを受賞した。4年時にはエースに佐々木千隼投手(ロッテ)を擁し明治神宮大会準優勝。しかし、自分の実力では無理だとプロ志望届は提出しなかった。社会人の三菱自動車岡崎にはセレクションを受けて入社。1年目からレギュラーを掴み、2年目の都市対抗はトヨタ自動車の補強選手として出場したが、ここでもラストバッターになってしまった。

「トヨタの人たちは『補強なんだから、お祭りだと思って思い切ってやれ』と言ってくれたんですけど、なかなかそうは考えられなかった。2回戦のJR東海戦で、チャンスで打てなくて、最後のバッターになりました。トヨタの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした」

 都市対抗でも活躍することができず、プロ入りは難しいと思っていたが、西武からドラフト3位指名を受け入団。4月20日に1軍初昇格を果たしたが、8試合で打率.091、5月18日の対オリックス戦では、相手に逆転を許すタイムリーエラーを犯すなど守備でも精彩を欠き、5月23日に再び2軍に降格した。

「うまくいきませんでした。1軍ではサードを任されましたが、ほぼ経験がないので、ミスもありました。あのミスがなければ、勝てていた試合。今井も完封できるピッチングでした。今井は『大丈夫ですよ。次々』と言ってくれて、先輩方も『誰でも通る道』と励ましてくれました」

 降格してからは、1軍で活躍できる力をつけ、信頼してもらえる守備ができるよう練習を重ねる。偶数年のドラフト3位は、10年の秋山翔吾外野手、12年の金子侑司外野手、14年の外崎修汰内野手、16年の源田壮亮内野手と、主力選手が並ぶ。秋山には「お前は偶数年のドラフト3位なんだから、活躍すると思ってプレーしろ」と声をかけられた。

「期待を裏切っちゃったかな。いや、これから頑張ります」

 力強くそう答えたルーキーは、ドラフト3位の先輩達とともに1軍のグラウンドで躍動するため、汗を流す毎日だ。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

関連記事(外部サイト)