【MLB】ハーパー、衝撃の打球音&140M超特大弾に球場唖然 「ボールが破壊された」

【MLB】ハーパー、衝撃の打球音&140M超特大弾に球場唖然 「ボールが破壊された」

特大弾を放ったフィリーズのブライス・ハーパー【写真:AP】

2回の第2打席でバックスクリーン左へ飛距離140メートルの17号3ランを放ったハーパー

■フィリーズ – ドジャース(日本時間17日・フィラデルフィア)

 ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が16日(日本時間17日)、本拠地ドジャース戦で超特大の17号3ランを放った。バックスクリーンのカメラ席に飛び込んだ飛距離458フィート(約140メートル)の“ビッグフライ”をMLB公式インスタグラムが伝えている。

 打った瞬間にそれを確信した。ハーパーは2点リードの2回2死一、二塁の場面で第2打席を迎えると、ドジャースの右腕ビューラーが投じた98マイル(約158キロ)の直球を完璧に捉えた。打球はグングン伸びていくとバックスクリーン左のカメラマン席に飛び込む飛距離458フィート(約140メートル)の特大19号3ランとなった。

 MLB公式インスタグラムは「458フィート弾」とコメントを添え、ハーパーの超特大弾を動画で公開。ファンからも驚きの声が上がっていた。

「いいね!」

「ボールが破壊された」

「かっ飛ばした」

「オールスターに選出されるべきだった」

「バッティングスタンスを少し変えたね!」

「なんてこった」

 打った瞬間の衝撃の打球音にファンも驚愕。完璧すぎる一発に球場も大歓声に包まれていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)