西武辻監督、逆転打の秋山を称賛「不調だったが見事に打ってくれた」

西武辻監督、逆転打の秋山を称賛「不調だったが見事に打ってくれた」

西武・辻監督【写真:荒川祐史】

秋山は5回に後半戦初安打となる逆転2点打

■西武 4-3 ロッテ(17日・メットライフ)

 西武が17日のロッテ戦(メットライフ)に4-3で勝利し、4カードぶりの勝ち越しを決めた。先発の本田が7回1失点の好投で5勝目。秋山が5回に逆転タイムリーを放ち勝利に貢献した。

 この日はロッテ先発・小島の前に4回まで1安打5三振と抑え込まれていたが、1点を追いかける5回無死一、二塁で木村が投手と捕手の間に転がる絶妙なバントヒットで出塁しチャンスを拡大。無死満塁で打席に入った秋山が後半戦初ヒットとなる2点タイムリーを放ち、逆転に成功した。辻監督は「不調だった秋山が見事に打ってくれた。あそこに来たボールを仕留めてくれたのが秋山の凄さだね」と逆転勝利を呼び込んだ主将に賛辞を送った。

 先発の本田は7回1失点で5勝目を挙げ、これで3連勝。指揮官は「粘り強く、ピンチを作りながらも要所を併殺で乗り切れたし、インコースを突けたところもよかった」と右腕の好投に目を細めた。しかし、8回にはセットアッパーの平井が3連打を浴びるなど2失点。終盤に1点差に詰め寄られたが、逃げ切ってカード勝ち越しを決めた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)