西武多和田、約2か月ぶりの1軍先発へ「前半はチームの役に立てていない」

西武多和田、約2か月ぶりの1軍先発へ「前半はチームの役に立てていない」

西武・多和田真三郎【写真:荒川祐史】

今季はここまで9試合に先発し1勝3敗、防御率5.77

■西武 – オリックス(20日・メットライフ)

 西武の多和田真三郎投手が、20日に本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦に先発する。昨季16勝をあげ最多勝に輝いた多和田だったが今季は開幕戦を含む9試合に登板し1勝3敗と大不振。防御率は5点台に沈み、5月下旬から2軍調整を行っていた。

 約2か月間、ファームで調整を重ねていた多和田。降格直後は減ってしまった体重を食事やトレーニングで取り戻しながら、走り込みや投げ込みを強化してきた。

「変化球を思うように投げることができるようになったし、本来のまっすぐが戻ってきた」と最大の武器である直球のキレに手応えを感じているようで「前半はチームの役に立てていない。1試合でもチームのために勝てるように投げられたら」と好投を誓っていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)