【MLB】前田健太、今季初の救援登板で快投! 1回無安打無失点2Kで今季初ホールド

ドジャース前田健太がマーリンズ戦で今季初めて救援登板 1回無安打無失点2奪三振

記事まとめ

  • ドジャースの前田健太がマーリンズ戦で今季初めて救援登板した
  • 前田は7回1失点と好投した柳賢振に次ぐ2番手として8回に登板
  • 1回無安打無失点2奪三振の快投を見せ、前田の防御率は3.71となった

【MLB】前田健太、今季初の救援登板で快投! 1回無安打無失点2Kで今季初ホールド

【MLB】前田健太、今季初の救援登板で快投! 1回無安打無失点2Kで今季初ホールド

本拠地でのマーリンズ戦で今季初救援登板を果たしたドジャース・前田健太【写真:AP】

12球を投げてストライク10球、3者凡退で1点差守るパーフェクト救援

ドジャース 2-1 マーリンズ(日本時間20日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手が19日(日本時間20日)、本拠地マーリンズ戦で今季初めて救援登板。1回無安打無失点2奪三振の快投を見せた。チームは2-1で勝利。先発の柳賢振が11勝目(2敗)を挙げた。

 前田は7回1失点と好投した先発・柳賢振に次ぐ2番手として8回にマウンドへ。先頭クーパーをスライダーで空振り三振に仕留めると、アンダーソンは2ストライクから直球で空振りを奪い3球三振。最後はカストロをスライダーで三ゴロに仕留めた。

 前田は17日(同18日)の敵地フィリーズ戦に先発したものの、2時間超に及ぶ降雨中断の影響で2回無安打無失点3奪三振、わずか35球で降板。ロバーツ監督は「ブルペンを休ませ、彼も火曜日に向けて状態を保つため」と、23日(同24日)のエンゼルス戦に先発する前に救援で登板させる方針を明らかにしていた。

 今季初の救援登板は、指揮官の期待に応えてパーフェクトの快投。12球を投げてストライクは10球で、防御率は3.71となった。

 ドジャースは9回を守護神ジャンセンが3者三振に抑えて逃げ切り。前田は今季初ホールドを挙げた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)