【MLB】前田健太、今季初救援で初ホールド「まさかあの場面で投げるとは」

【MLB】前田健太、今季初救援で初ホールド「まさかあの場面で投げるとは」

本拠地で今季初ホールドを挙げたドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

1点リードの8回からの1回2K無失点 次回は24日エンゼルス戦「いい意味で状態を維持できる」

■ドジャース 2-1 マーリンズ(日本時間20日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手が19日(日本時間20日)、本拠地マーリンズ戦で今季初めて救援登板。1回無安打無失点2奪三振の快投を見せた。チームは2-1で勝利。先発の柳賢振が11勝目(2敗)を挙げた。1点差の痺れる展開で結果を残し、「まさかあの場面で投げると思っていなかった。そんなに入れ込みすぎず、落ち着いて投げられたと思います」と振り返った。

 前田は7回1失点と好投した先発・柳賢振に次ぐ2番手として8回にマウンドへ。先頭クーパーをスライダーで空振り三振に仕留めると、アンダーソンは2ストライクから直球で空振りを奪い3球三振。最後はカストロをスライダーで三ゴロに仕留めた。

 17日(同18日)の敵地フィリーズ戦に先発したものの、2時間超に及ぶ降雨中断の影響で2回無安打無失点3奪三振、わずか35球で降板。ロバーツ監督は「ブルペンを休ませ、彼も火曜日に向けて状態を保つため」と、23日(同24日)のエンゼルス戦に先発する前に救援で登板させる方針を明らかにしていた。「今日か明日かと『どっち投げたい』と言われて、僕は『今日』と言ったんで。右が3人続いたので、あるかなと思っていました。ブルペンで投げるのではなくて実戦でも投げられた。いい調整というかしっかり抑えることができた。ある程度、感覚は維持できると思います。前回も2イニングしか投げられていないので、そういう意味ではいい意味で状態を維持できるかなと思います」と手応えを口にした。

 今季初の救援登板は、指揮官の期待に応えてパーフェクトの快投。12球を投げてストライクは10球で、防御率は3.71となった。次回登板は23日(日本時間24日)のエンゼルス戦で先発する。「いつも通りの調整に戻して、火曜日に向けて調整したいなと思います」と前を向いていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連記事(外部サイト)