オリ吉田正、バックスクリーンへ16号ソロ 7連敗中の西武多和田から勝ち越し弾

オリ吉田正、バックスクリーンへ16号ソロ 7連敗中の西武多和田から勝ち越し弾

16号ソロを放ったオリックス・吉田正尚【画像:(C)PLM】

チェンジアップを捉え豪快本塁打「しっかりと自分のスイングで」

■西武 – オリックス(20日・メットライフ)

 オリックスの吉田正尚外野手が20日の西武戦で6回に多和田からバックスクリーンに飛び込む16号ソロを放ち、勝ち越しに成功した。

 西武先発の多和田に対し7連敗中のオリックスだが、主砲の一発で勝利をぐっと引き寄せた。1-1の同点で迎えた6回、先頭で打席に入った吉田正は1ボールから2球目のチェンジアップを捉えると、豪快にバックスクリーンに叩き込んだ。

 9日の楽天戦(楽天生命)以来の一発に「甘いところに入ってきたボールを、しっかりと自分のスイングで打つことができました!」と納得の表情を見せた吉田正。オリックスはさらに2死一、二塁から若月の三安打の間に1点を追加し、リードを2点に広げた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)