オリ、“天敵”多和田相手の連敗ストップ 西村監督はご満悦「いい感じで打てた」

オリ、“天敵”多和田相手の連敗ストップ 西村監督はご満悦「いい感じで打てた」

オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】

竹安は3戦連続HQS達成「十分な結果を出してくれている」

■オリックス 3-1 西武(20日・メットライフ)

 オリックスが20日の西武戦(メットライフ)で3-1の接戦を制した。先発の竹安が7回1失点の好投で試合を作り2勝目。打線は2回の小島のソロで先制すると、同点で迎えた6回には吉田正のソロなどで勝ち越しに成功した。

 竹安はこれで3試合連続でハイクオリティスタート(HQS、7回を投げ自責2以下)を達成。この日は西武打線に的を絞らせない投球を披露した。

 西村監督は「インコースを攻めることができたし、いろんな球種を交えていた。向こう(西武打線)がしっかりとらえることができなかった」と緩急自在の投球に目を細め、「このところずっとゲームを作ってくれているのはチームとしても大きいし、本人としてもチャンス。他の投手との(登板の)絡みもある中で、十分な結果を出してくれている」と評価した。さらに「ディクソンが昨日の形からやり返してくれた」と、前日の試合で救援に失敗していたディクソンが9回を3者凡退で片付けたことを喜んだ。

 打っては、7連敗中の西武先発・多和田から小島と吉田正がそれぞれソロを放ち試合を優位に進めた。指揮官は「今日はいい感じでみんな打てた」と“天敵”打ちにご満悦だった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)