イチロー、今季22度目マルチで通算3015安打! 歴代26位まで残り「5」

マイアミ・マーリンズのイチローがスタメン出場 マルチ安打で米通算3015安打に

記事まとめ

  • マーリンズのイチローが敵地インディアンス戦に、7試合連続でスタメン出場した
  • 初回には右腕バウアーの4球目を捉えセンター前ヒット、第4打席には中前安打を放った
  • イチローは今季22度目のマルチ安打をマークし、メジャー通算安打数は3015安打となった

イチロー、今季22度目マルチで通算3015安打! 歴代26位まで残り「5」

イチロー、今季22度目マルチで通算3015安打! 歴代26位まで残り「5」

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

第1打席で中前安打&先制ホーム、9回にも中前へ運ぶ

 マーリンズイチロー外野手が3日(日本時間4日)、敵地インディアンス戦で7試合連続でスタメン出場し、今季22度目のマルチヒットを記録した。球団発表でメジャー通算安打数歴代27位のイチローはこれで3015安打とし、歴代26位ラファエル・パルメイロの3020本まで残り「5」とした。

 この日は「2番・右翼」でスタメン出場。初回1死走者なしの場面で、右腕バウアーの4球目を捉えて、センター前にはじき返した。通算安打で歴代27位につけるイチローはこれで通算3014安打とし、26位のパルメイロまで6本と迫った。

 その後、プラドの四球で二塁に進むと、イエリッチの2点タイムリー二塁打で先制のホームを踏んだ。さらにディートリッチも犠飛を放ち、加点。マーリンズはイチローの安打をきっかけにこの回3点を奪った。

 同点に追いつかれた後の3回先頭では強烈な打球を放ったものの、一塁サンタナのファインプレーに防がれ、アウトに。それでも、2点ビハインドで迎えた6回先頭の第3打席では四球を選んで出塁すると、5点ビハインドの9回先頭の第4打席では中前安打を放ち、今季22度目のマルチ安打をマークした。通算安打もこれで3015安打となった。

 イチローは7回2死一、三塁の場面でリンドアの右前安打を捕球後、三塁送球がわずかに逸れ、2シーズンぶりの失策を記録、これで一塁走者も生還した。その時点で大量失点を喫していたエース右腕フェルナンデスがベースカバーに入らなかったこともあり、不運な形でのエラーとなった。

関連記事(外部サイト)