【U-18アジア選手権】日本のアジア制覇を支えたもう1人のMVP “笑顔”の大魔神・堀瑞輝

【U-18アジア選手権】日本のアジア制覇を支えたもう1人のMVP “笑顔”の大魔神・堀瑞輝

3戦登板で9回2/3を1安打18奪三振無失点という成績を残した、堀瑞輝【写真:Getty Images】

指揮官「流れを変える力を持つ」3戦登板で9回2/3を1安打18奪三振無失点

 日本が2大会ぶり5度目の優勝を飾った第11回BFA U-18アジア選手権。6戦全勝の完全優勝でアジア制覇を果たした日本は、4日の決勝戦では接戦の末に1-0でチャイニーズ・タイペイに勝利した。大会MVPに輝いたのは、この日虎の子の1点を叩き出した納大地(智辯学園)だったが、誰もが認めるもう1人のMVPがいる。それが“笑顔”の大魔神・堀瑞輝(広島新庄)だ。

 開催国チャイニーズ・タイペイとの決勝戦。客席は台湾応援団で埋め尽くされる中で始まった試合は、膠着戦となった。チャイニーズ・タイペイの先発タオは今大会初対戦の下手投げ右腕。手元で浮き上がるボールに、日本の打者はバットの芯を外され、フライを上げたりバットが空を斬ったり。走者が出ても1本が出ず、もどかしさだけが募る。

 一方、日本の先発を務めた作新学院の今井達也は安打こそ許さないが、制球が定まらずにボール先行の投球。決して本調子ではない中で台湾打線を無失点に抑えたのは、今井が持つ投手としての資質の高さだろう。だが、大学代表と戦った壮行試合の時のようなテンポのよさは陰を潜め、0-0の均衡を保つのが精一杯だった。

 そんな中、ある瞬間、試合を流れる空気が変わった。6回表、日本の2番手・堀がマウンドに上がった時だ。代表を率いる小枝守監督は「試合の流れを変える力を持つ投手」と絶大な信頼を寄せるが、今大会3度目となった決勝の舞台でも、指揮官の期待を裏切ることはなかった。

「自分が思っていた以上」得意のスライダーに苦戦する打者に深めた自信

 広島新庄では先発投手。慣れないリリーフ起用が続く代表戦では、走者を背負うシビれる場面に投入されることもある。それでも「絶対に(点を)取られないという気持ちは先発と一緒」と動じず。自慢のスライダーを軸に捕手・九鬼隆平(秀岳館)のミットを目掛けて、スイスイとボールを投げ込んだ。ファーストラウンドに続いて2度目の対戦となるチャイニーズ・タイペイ打線は、当然堀のスライダーを警戒したが対応できず。9回、最後の打者ヤンを見逃し三振に仕留めると、マウンド上の堀は小さく飛び跳ねながら、勝利の喜びを表した。

 前日の韓国戦でも、値千金の救援をした。3-1の8回裏2死一、三塁。一発を浴びれば逆転という場面でマウンドに上がると、途中出場した韓国の3番ナをスライダーで空振り三振に斬った。国際大会という大舞台で、自信を持って投げ込んだスライダー。「自分が思っていた以上」に苦戦する海外の打者の反応を目の当たりにし、「うれしい。もっと自信になりました」と大きくうなずく。

 マウンド上では躍動感ある投球フォームで強気なピッチングを繰り返すが、マウンドを降りると、まるで別人のように物腰も口調も穏やかだ。「自分は静かな方なんで、普通。野球の時は、すごく気合を入れます」と照れくさそうに話すが、精神面でのスイッチの切り替えは見事。それでも、最初から気持ちの切り替えがうまくいったわけではない。「高校に入ってから、Aチームでたくさん投げさせてもらった。その中で切り替えが大切だと思うようになりました」。切り替えができずに失敗した経験を踏まえ、今では「マウンド上に立つ時は『自分が絶対に抑える』と思ってやっています」と、常に強気でボールを握る。

物静かな素顔とマウンド上の強気、「スイッチの切り替えがうまくできた」

 強気が表れる形は人それぞれだが、堀の場合はマウンド上での絶えない笑顔が1つの形だ。アウトを取るとニッコリ微笑み、回を締めくくると、白い歯を覗かせたうれしそうな笑顔で捕手とアイコンタクト。「甲子園の時からずっと笑顔っていうのを頭に置いてやってきた」という左腕は、ここ一番の大舞台でも笑顔を絶やさなかった。

「こういう大きな舞台を経験させてもらって、自分の中で(気持ちの)スイッチの切り替えがうまくできた。そういうところでも、精神的にもすごく成長できたなって思います」と、残した結果以上に大きな収穫を得た。

 今後の進路については「より高いレベルでプレーしたいです」と話す。プロ志望届も提出する予定。甲子園の後に国際舞台を経験し、選手として人間として、この夏は一回りも二回りも大きくなった。

 笑顔を見せながら、面白いように打者を斬り続けた大魔神。「みんなで力を合わせて優勝できてうれしいです」。金メダルを首に掛けて見せたはみ出るような笑顔は、今大会最高の笑顔だった。

関連記事(外部サイト)