【米国はこう見ている】球団新人最多タイ14勝目の前田、監督絶賛「まさに我々が必要としていた投球」

【米国はこう見ている】球団新人最多タイ14勝目の前田、監督絶賛「まさに我々が必要としていた投球」

球団新人最多タイとなる14勝目を記録した前田健太【写真:Getty Images】

トップと2勝差&リーグ5位タイの14勝、地区首位チーム牽引する前田

 ドジャースの前田健太投手が5日(日本時間6日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦に先発し、7回途中を3安打1失点と好投、14勝目(8敗)を挙げた。これで石井一久氏らが持つ球団新人最多勝に並んだ。10-2の勝利に貢献した右腕をドジャースのデーブ・ロバーツ監督も称賛している。球団公式サイトがレポートしている。

 昨季まで所属したグリンキーとの投げ合いが注目された一戦で、前田が躍動した。先頭のセグラにレフトへヒットを浴びたものの、そこからエンジン全開。オーイングス、ポラックと連続三振に切って取ると、ゴールドシュミットを二ゴロに打ち取る。すると2回以降は5イニング連続3者凡退に仕留める圧巻のピッチングを披露。味方打線も5回までに8点を奪って右腕を援護した。

 前田は7回に4番ラムの右前適時打で1点を失ったものの、6回1/3で102球を投じ、3安打8奪三振1四球1失点。ここまで先発ローテを守り抜いてきた右腕はついに球団新人最多タイとなる14勝に到達した。

ロバーツ監督「打者を困惑させた」

 球団公式サイトではロバーツ監督が前田の好投を絶賛する様子をレポート。指揮官は「ケンタはとてもいい投球だった。今夜は直球が効果的だったし、内外角に投げ分けられていた。打者を困惑させて、スライダーをより効果的なものとしていたね。彼はとても、とてもいい働きを見せてくれたし、まさに我々が必要としていたことだ」と称えている。

 また7回降板の場面については「ボールは依然としてよかったが、100球というのは頃合いだった。あの展開であれば、コールマンに継投することに迷いはなかったし、ケンタには次回の登板に備えてもらう」と説明している。

 14勝はトップと2勝差のリーグ5位タイ、防御率3.29はリーグ15位。米国内で新人王候補にも挙げられている右腕はどこまで勝ち星を伸ばすのか。ナ・リーグ東地区首位を走るチームでメジャー1年目の右腕が存在感を放っている。

関連記事(外部サイト)