SB中田、「球数少なく」をテーマに「いかに自分のペースにもっていくか」

SB中田、「球数少なく」をテーマに「いかに自分のペースにもっていくか」

ソフトバンク・中田賢一【写真:編集部】

「日本ハムもこちらの勝敗を気にしながらやっているはず」

 7日のオリックス戦に先発するソフトバンク・中田賢一。前回の西武戦では、ある程度試合は作ったが、初回から球数が多く5回2/3を3失点で降板。その後、ブルペン陣が総崩れで手痛いサヨナラ負けを喫した。7日は「球数少なく、1イニングでも長く」をテーマに、今季5勝目に挑む。

「状態はいい形できているので、いつもどおりに一人一人しっかりと投げていきたい。カウントを含めて、いかに自分のペースにもっていくかだと思う」

 6日、オリックスに敗れたソフトバンクは、試合が中止となった日本ハムとのゲーム差が再び「0.5」に縮まった。

「日本ハムもこちらの勝敗を気にしながらやっているはず。直接対決は2試合しかないが、目の前の相手に1試合ずつ集中してやっていくだけ」

 一昨年のギリギリの優勝争いを体験している右腕は、この時期の1試合の重要性をしっかりと理解している。そして、何よりも勝つことの重要性も認識しているはずだ。あとは、7日のマウンドで結果を出すだけだ。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)