【米国はこう見ている】イチローのメジャー初代打弾にSNSも興奮「史上最高による史上最高の仕事」

【米国はこう見ている】イチローのメジャー初代打弾にSNSも興奮「史上最高による史上最高の仕事」

記事画像

球団公式ツイッターは「In Ichiro We Trust(我々はイチローを信じる)」

 6日(日本時間7日)に本拠地で行われたフィリーズ戦で、代打で今季初ホームランを放ったマーリンズのイチロー外野手。メジャーでは自身初となる代打本塁打が飛び出した瞬間、地元メディアや球団公式ツイッターは一斉に速報を発信した。ツイッター上には「史上最高による史上最高の仕事」など、背番号51が新たに成し遂げた偉業に対する称賛、驚愕の声が溢れかえった。

 10試合ぶりにスタメンを外れても、3試合連続安打中の勢いは止まらなかった。1-3で迎えた8回無死一塁の場面で代打出場。フィリーズ3番手ネリスと対峙すると、カウント2-1から4球目外角低めスプリットをすくい上げるように振り抜いた。打球はアーチを描きながら右翼にある味方ブルペンへ。1点差に詰め寄る今季1号2ランとなった。

 メジャー最年長野手の一撃に、地元紙「マイアミ・ヘラルド」のクラーク・スペンサー記者は「イチローがツーランホームランで初本塁打。マーリンズは8回フィリーズ相手に3−4に迫る」とツイッターで速報。球団公式サイトの番記者ジョー・フリサロ氏も「これはイチローのキャリア初代打本塁打」とツイートし、「ワールドヒットリーダー(世界の安打王)」というハッシュタグとともに、鮮やかな一撃を盛り上げた。

メジャー通算3019安打目、ライトへの今季1号2ランにツイッター上は大盛り上がり

 誰よりも興奮を隠しきれなかったのは、マーリンズ公式ツイッターだ。ツイッター上は、完全な“イチロー祭り”。待望の一発が飛び出した瞬間に「イチロー、代打2ランホームラン!」と即ツイート。「Greatest of all time(史上最高)」の頭文字をとった「GOAT」と同じ綴りのヤギのアイコンを並べて、興奮ぶりを表現した。

 続いて、「史上最高による史上最高の仕事」と絶賛するキャプションとともに、クールにホームインするイチローの写真を掲載した。極めつけは、アメリカ合衆国の有名なモットーで、マーリンズ本拠地マイアミのあるフロリダ州の標語でもある「In God We Trust(我々は神を信じる)」をもじって「我々はIchiroを信じる」という標語を制作。ホームラン動画とともにツイートし、メジャー史上30人しか達成していない3000安打を記録した“史上最高の打者”に対する忠誠心を見せた。

 MLB公式ツイッターも「キャリア通算3019安打でも、まだ初があった。イチローがメジャー初代打本塁打」とレポートするなど、「イチロー」「ホームラン」「初」の文字がツイッター上を躍った。

 オリックス時代のプロ2年目1993年から日米を通じて24年連続本塁打とした、この一発。レジェンドの華麗な一撃は、アメリカで大きな話題を巻き起こしている。

関連記事(外部サイト)