“おかわり二世”山川穂高がプロ4年目で初の2桁ホームラン!

2戦ぶり10号は先制2ラン、将来のクリーンアップが奮起

 西武の山川穂高内野手が9日のロッテ戦(西武プリンスドーム)でプロ4年目で初の10号を放った。

「8番・一塁」でスタメン。2回2死二塁。関谷のチェンジアップをバットに乗せた打球は、左翼スタンドへ飛び込んだ。2試合ぶりの一発は先制の10号2ランとなった。

 沖縄出身の24歳。中部商、富士大を経て、13年ドラフト2位で西武入りした。「おかわり二世」と呼ばれる将来のクリーンアップ候補が節目の一発を放った。

関連記事(外部サイト)