中日松坂、大炎上で壮絶KO 移籍後最短1回もたず、1死しか取れず8安打8失点

中日ドラゴンズ・松坂大輔、初回に大炎上でKO 打者一巡の8安打で1死しか取れず降板

記事まとめ

  • 中日の松坂大輔が本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦で今季2度目の先発マウンドに上がった
  • 初回に乙坂智、筒香嘉智に打たれ、わずか3球で先制点を献上し、満塁で適時打を浴びた
  • 横浜高の後輩・石川雄洋にも打たれ打者一巡の8安打、1アウトしか取れずにノックアウト

中日松坂、大炎上で壮絶KO 移籍後最短1回もたず、1死しか取れず8安打8失点

中日松坂、大炎上で壮絶KO 移籍後最短1回もたず、1死しか取れず8安打8失点

中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

今季2度目の先発マウンドも、苦しい立ち上がりに

■中日 – DeNA(27日・ナゴヤドーム)

 中日の松坂大輔投手が27日、本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦で今季2度目の先発マウンドに上がった。だが、初回、わずか3球で先制点を献上すると、打者一巡で8安打6失点となったところで、わずか1アウトしか取れずにノックアウトとなった。

 今季2度目の先発マウンドに上がった松坂だったが、瞬く間に先制点を失った。先頭の乙坂に初球を中前安打とされると、続く筒香には2球目を二塁打にされ、乙坂が一気に本塁へ生還。わずか3球で先制点を奪われた。

 さらにソトにも右前安打で繋がれ、ロペスには左前適時打を許して2点目を奪われた。1死としてから伊藤に死球を与えて満塁とされると、大和には中前適時打を許した。昨季から満塁では被打率0を続けていたが、移籍後初めて満塁で適時打を浴びた。

 この後、投手の石田にも右前適時打を浴びてこれで4点目。さらに横浜高の後輩である石川にも右前適時打を打たれ、打者一巡。乙坂にも左前適時打を浴びて、8安打6失点。たまらず、与田剛監督は交代を告げ、松坂はわずか1/3回、8安打8失点で壮絶なノックアウトとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)