ロッテ新助っ人、球場どよめく2試合連続の鬼肩が話題! 「本場のレーザービーム」

ロッテ新助っ人、球場どよめく2試合連続の鬼肩が話題! 「本場のレーザービーム」

2試合連続で“レーザービーム”を披露したロッテのレオネス・マーティン【画像:(C)PLM】

右前打を素早く処理すると本塁へ圧巻のレーザービームを披露

■ロッテ 9-7 楽天(27日・ZOZOマリン)

 ロッテに新加入したレオネス・マーティン外野手が27日、本拠地での楽天戦(ZOZOマリン)で2試合連続となるレーザービームを披露し話題になっている。打っても来日1号となる勝ち越し2ランを放ちメジャー通算770試合出場、58本塁打126盗塁という実績を見せつけた。

 球場がどよめく強肩を発揮したのは5回だった。2死二塁の場面で楽天・和田が放った右前打をワンバウンドで捕球すると、一瞬で右手に持ち替え本塁へノーバウンドスロー。二走の渡邊をドンピシャで刺すレーザービームで球場を沸かせた。

 打っても同点に追いついた8回2死一塁の場面で左翼席に飛び込む来日1号勝ち越し2ラン。マーティンの好守にわたる活躍でチームは勝利を収めた。

 パ・リーグTVは「本場のレーザービームをマルチアングルで!!」とコメントを添え動画を公開。強烈なインパクトを残したマーティンのレーザービーム動画は公開からわずか1日で、3万再生を超える反響となっている。今季もインディアンスで65試合に出場していた現役メジャーリーガーの強肩ぶりに今後も注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)