ソフトバンク松坂大輔が二軍オリックス戦で右足にアクシデントか 3回7四死球で降板

記事まとめ

  • 福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔がウエスタン・リーグのオリックス戦に先発した
  • 3回の投球中に軸足の右足を滑らせ、表情をゆがめて右足を引きずるようにして降板
  • 3回を無安打無失点に抑えたが、3者連続を含む7四死球と制球は安定しなかった

1軍目指す松坂大輔にアクシデント発生か? ノルマ消化できずに降板

3回を無安打無失点も制球定まらず、3者連続を含む7四死球

 右肩手術から復活を目指すソフトバンク・松坂大輔投手が10日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(タマスタ筑後)で先発。3回59球を投げて無安打無失点に抑えたが、3者連続を含む7四死球と制球は安定しなかった。直球は最速143キロに達した。

 大荒れだった。先頭・宗にストレートで四球を許し、続く堤への5球目でボーク。さらに堤に死球を与えて、無死一、二塁とした。いきなりのピンチだったが、続く園部を143キロ直球で遊ゴロ併殺打、4番・ボグセビックを遊直に打ち取った。

 2回は6球で2死を取ったが、吉田、奥浪と連続四球を与えた。2死一、二塁と先制のピンチだったが、伏見を三ゴロに打ち取って、難を逃れた。

 3回からセットポジションに変更。制球の安定を求めたが、右腕にアクシデントが発生した。1死からの堤への投球中に軸足の右足を滑らせた。その後は制球がさらに荒れ、堤、園部、ボグセビックと3者連続四球を許して1死満塁。モレルは一ゴロ併殺打に抑えたが、表情をゆがめて右足を引きずるようにして一塁ベンチへ下がった。

 4回から左腕・島袋洋奨が救援。春夏の甲子園を制覇した投手による豪華リレーとなった。それでも、松坂は80〜90球を予定していたノルマを消化できずに降板。首位陥落したチームの救世主となりたいところだが、制球難はもちろん、アクシデントによる今後が心配される投球となってしまった。

【ソフトバンク松坂の投球内容】 
▽1回(19球)2四死球、無安打無失点
 宗  ストレート四球
 堤  死球
園部  遊ゴロ併殺打
ボグセビック 遊直

▽2回(22球)2四球、無安打無失点
モレル 右飛
武田  遊飛
吉田  四球
奥浪  四球
伏見  三ゴロ

▽3回(18球)3四球、無安打無失点
 宗   右飛
 堤  四球
園部  四球
ボグセビック 四球
モレル 一ゴロ併殺打

関連記事(外部サイト)