広島25年ぶりV、緒方監督は選手に何度も感謝 「神ってますね。やっぱり」

緒方監督は胴上げで7度舞う、「黒田が闘志あふれるプレーで選手を引っ張ってくれた」

 広島が10日、東京ドームでの巨人戦に6-4で勝利し、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。

 緒方孝市監督はナインの手で7度胴上げされた。その後の優勝監督インタビューでは、就任2年目のリーグ優勝を興奮気味に振り返りつつ、選手への感謝の言葉を繰り返した。

――25年ぶりのリーグ優勝を決めた。

「ありがとうございます」

――胴上げで7回、宙に舞った。

「最高に気持ち良かったです。ありがとうございました!」

――今日も逆転勝ちで勝利した。

「今シーズンずっと戦ってきた戦い方が今日も出来ました。本当に選手が頑張ってくれました」

――黒田が6回3失点。打席でも11球も粘った。

「本当に黒田は今シーズンからだが万全でない中、しっかり開幕ローテーションを守って、今日もマウンドで、打席で、闘志あふれるプレーで選手を引っ張ってくれました」

――鈴木が2打席連続アーチを放った。

「神ってますね。やっぱり」

「クライマックスも勝ち上がって、日本一をつかみ取りましょう」

――シーズンを振り返ると、ベテランと若手の力が融合した。

「選手は1試合1試合力を付けて、本当に頼もしい限りです」

――昨季はCS進出を逃した。緒方監督自身も昨季は悔しい思いをした。

「いや、自分だけではないです。選手は本当に悔しい思いから、厳しい練習を乗り越えて頑張ってきてくれました」

――選手が優勝監督インタビューを聞いている。選手へメッセージを。

「本当によく頑張ってくれた。ありがとう」

――カープファン、広島の街は25年間優勝を待っていた。ファンへメッセージを。

「広島のみなさん、そして全国のカープのみなさん。本当に長い間お待たせしました。おめでとうございまぁ〜す!」

――25年ぶりにセ・リーグ制覇。次は32年ぶりの日本一への戦い。

「しっかりと残りシーズンを戦って、クライマックスも勝ち上がって、日本一をつかみ取りましょう」

関連記事(外部サイト)