【セ・リーグ】月間MVPに小川と菊池が輝いた8月 “ベストナイン”はどの選手?

【セ・リーグ】月間MVPに小川と菊池が輝いた8月 “ベストナイン”はどの選手?

広島・鈴木誠也【写真:編集部】

月間勝利数はトップタイの小川

 プロ野球は終盤戦に突入。セ・リーグでは広島が10日の巨人戦に勝利し、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。

 その広島が順調に優勝マジックを減らした勝負の8月では月間MVPの投手部門にヤクルトの小川泰弘、打者部門に広島の菊池涼介が選出された。小川は初、菊池は2度目の受賞となった。それでは各ポジションで貢献した選手は誰か? フルカウント編集部では8月のベストナインを独自に選出した。

〇投手
小川泰弘(ヤクルト)
5試合登板、4勝0敗、防御率2.08

 8月17日のDeNA戦(神宮)、同24日中日戦(神宮)、同31日巨人戦(富山)と3試合連続完投勝利。同31日は1年ぶりの完封で8勝目を挙げた。バットでも同17日に1号2ランを含む3打点をマーク。月間勝利数はトップタイ、月間防御率は4位タイ、投球回数39.0はトップ、月間奪三振28は6位タイだった。

〇捕手
該当者なし

〇一塁
阿部慎之助(巨人)
25試合出場、打率.287、5本塁打、17打点

 8月全試合で「4番・一塁」でスタメン。同26日のDeNA戦(横浜)で11号ソロ、12号2ランと2打席連発した。同19日の阪神戦(東京ドーム)から5試合連続でマルチ安打をマークした。月間打率12位、月間本塁打5位タイ、月間打点7位だった。

G坂本は月間トップの打率.391をマーク

〇二塁
菊池涼介(広島)
25試合出場、打率.358、3本塁打、9打点

 8月7日の巨人戦(マツダスタジアム)では1点ビハインドの9回には2死走者なしから起死回生の同点弾。プロ初の5安打をマークした。13試合でマルチ安打を記録。月間トップの38安打を放ち、月間打率3位、出塁率.398は9位だった。

〇三塁
村田修一(巨人)
25試合出場、打率.268、6本塁打、23打点

 8月全試合で「5番・三塁」でスタメン。1試合3打点を4試合で記録した。月間打率こそ18位だったが、月間本塁打3位タイ、月間打点2位。月間3位の得点圏打率.433と勝負強さを見せた。

〇遊撃
坂本勇人(巨人)
25試合出場、打率.391、2本塁打、11打点

 8月全試合で「3番・遊撃」でスタメン。同6日の広島戦(マツダスタジアム)で3安打を放ち、8試合連続マルチ安打。3試合で猛打賞、13試合でマルチ安打を記録した。月間2位の36安打を放ち、月間打率トップ、月間出塁率.467はトップ、OPS.967は3位だった。

広島・鈴木は月間OPS1.128で堂々のトップ

〇外野
鈴木誠也(広島)
25試合出場、打率.359、7本塁打、20打点

 8月2日のヤクルト戦(神宮)、同9日の阪神戦(マツダスタジアム)で4打点をマーク。12試合でマルチ安打を記録。月間打率2位、月間本塁打トップタイ、月間打点4位だった。月間得点圏打率.423は4位で、OPS1.128は堂々のトップだった。

丸佳浩(広島)
25試合出場、打率.330、5本塁打、22打点

 8月17日の阪神戦(京セラドーム大阪)から同31日のDeNA戦(マツダスタジアム)まで12試合連続安打をマーク。同19日のヤクルト戦(マツダスタジアム)では2安打4打点を記録した。月間打率5位、月間本塁打5位タイ、月間打点3位。得点圏打率.417は6位、6盗塁は2位タイ。月間のOPS1.000は2位だった。

バレンティン(ヤクルト)
24試合出場、打率.288、6本塁打、24打点

 8月25日の中日戦(神宮)では23号2ラン、24号3ランなど3安打7打点をマーク。同27日の阪神戦(甲子園)では25号3ランを含む4打点を挙げた。月間打率10位タイだったが、月間本塁打3位タイ、月間打点1位を記録した。

関連記事(外部サイト)