ソフトバンク、連敗3でストップ&日ハムと0.5差

摂津が2勝目

 ソフトバンクは11日の西武戦(ヤフオクドーム)で8-5で打ち勝ち、連敗を3でストップ。この日敗れた首位・日本ハムと0.5ゲーム差に迫った。

 2回に高谷の適時打で先制。3回には松田の適時打、吉村の犠飛、江川の適時打で一挙3点を挙げ、6回には内川の17号3ランでダメ押した。

 先発の摂津は5回5安打3失点で2勝目。守護神のサファテは昨季に並ぶ自己最多タイ41セーブ目を挙げた。

関連記事(外部サイト)