イチローが「2番・右翼」でスタメン出場、前田健太と2度目対決へ

イチローが2番右翼でスタメン出場 前田健太と今季2度目の直接対決

記事まとめ

  • マイアミ・マーリンズのイチローとロサンゼルス・ドジャースの前田健太が再び対決
  • マーリンズ本拠地でのドジャース3連戦で、イチローが2番右翼でスタメン出場と発表
  • 前田健太は28度目の先発のマウンドに マーリンズはプレーオフ進出に望みをつなぐ

イチローが「2番・右翼」でスタメン出場、前田健太と2度目対決へ

イチローが「2番・右翼」でスタメン出場、前田健太と2度目対決へ

マーリンズ・イチロー(左)とドジャース・前田健太(右)【写真:Getty Images】

前田は記録更新がかかるマウンド、前回対決はイチロー3打数無安打

 マーリンズのイチロー外野手とドジャースの前田健太投手が11日(日本時間12日)の試合で今季2度目の直接対決を迎える。マーリンズが本拠地で迎えているドジャース3連戦。ここまで1勝1敗で、第3戦ではここ2試合ベンチスタートだったイチローが「2番・右翼」でスタメン出場することが発表された。一方のドジャースは前田が28度目の先発のマウンドに上がる。

 両者の対決は今季2度目。初対決は4月28日にドジャースの本拠地で実現し、前田がイチローを3打数無安打に抑えたものの、7回途中を7安打5奪三振1四球4失点でメジャー初黒星を喫していた。

 前田はここまで球団新人最多タイの14勝(8敗)を挙げており、記録更新がかかるマウンド。一方、イチローは9月打率.321、1本塁打、5打点と好調。シーズン通算でも打率.297と3割復帰が目前に迫っている。

 ナ・リーグ西地区首位のドジャースに対して、マーリンズもナ・リーグ東地区3位ながらワイルドカードでのプレーオフ進出に望みをつないでおり、重要な一戦となる。

関連記事(外部サイト)