広島ドラ1小園.435で首位打者、阪神藤川は守護神転向で2セーブ 19年第18週投打5傑【セ編】

広島ドラ1小園.435で首位打者、阪神藤川は守護神転向で2セーブ 19年第18週投打5傑【セ編】

広島・小園海斗【写真:荒川祐史】

広島は9連勝と勢い止まらず

 梅雨も明け、ペナントレースもヒートアップする第18週の投打5傑

18週目のセ・リーグ。

【セ・リーグ7/28時点での順位表】

1巨人(92試52勝39敗1分 率.571 差–)
2DeNA(95試48勝44敗3分 率.522 差4.5)
3広島(96試48勝45敗3分 率.516 差5.0)
4阪神(95試43勝47敗5分 率.478 差8.5)
5中日(93試42勝51敗0分 率.452 差11.0)
6ヤクルト(95試37勝56敗2分 率.398 差16.0)

【セ・リーグ第18週(7/22-7/28)の順位表】

1広島(6試6勝0敗0分 率1.000)
2DeNA(6試4勝1敗1分 率.800)
3阪神(6試2勝3敗1分 率.400)
4巨人(6試2勝4敗0分 率.333)
5ヤクルト(6試2勝4敗0分 率.333)
6中日(6試1勝5敗0分 率.167)

 一時は9.5ゲーム差で独走していた巨人が急ブレーキ。広島とDeNAが追いかける展開。

【打者5傑】

○安打
1鈴木誠也(広)11
2小園海斗(広)10
3西川龍馬(広)9
3丸佳浩(巨)9
3菊池涼介(広)9
3松山竜平(広)9

○本塁打
1バレンティン(ヤ)4
2バティスタ(広)3
3鈴木誠也(広)2
3小園海斗(広)2
3西川龍馬(広)2
3マルテ(神)2
3青木宣親(ヤ)2
3ビシエド(中)2
3炭谷銀仁朗(巨)2
3三好匠(広)2

○打点
1バレンティン(ヤ)9
2西川龍馬(広)8
3ビシエド(中)7
4小園海斗(広)6
4炭谷銀仁朗(巨)6

〇盗塁
1大島洋平(中)3
2鈴木誠也(広)2
2山田哲人(ヤ)2
2若林晃弘(巨)2
 1盗塁 9人

○打率 規定打席以上
1小園海斗(広).435
2松山竜平(広).429
3バティスタ(広).400
3大島洋平(中).400
5鈴木誠也(広).393

○RC(Runs Created)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1バティスタ(広)8.75
2小園海斗(広)7.02
3菊池涼介(広)6.95
4大島洋平(中)6.42
5鈴木誠也(広)6.41

 広島のドラフト1位ルーキー小園が打率.435と大当たり。カープ勢は鈴木、バティスタ、菊池、松山も好調。ヤクルトのバレンティンは4本塁打と自慢の長打を発揮。

阪神の藤川は守護神に配置転換され早くも2セーブを挙げる

【投手5傑】
○勝利数
1今永昇太(De)1
1ジョンソン(広)1
1桜井俊貴(巨)1
1浜口遥大(De)1
1九里亜蓮(広)1
1平良拳太郎(De)1
1笠原祥太郎(中)1
1床田寛樹(広)1
1大瀬良大地(広)1
1野村祐輔(広)1
1石田健大(De)1
1山田大樹(ヤ)1
1石川雅規(ヤ)1
1島本浩也(神)1
1フランスア(広)1
1飯田優也(神)1
1中川皓太(巨)1

○セーブ数
1藤川球児(神)2
1山崎康晃(De)2
3フランスア(広)1
3岡田俊哉(中)1

○ホールド数
1ジョンソン(神)3
2遠藤淳志(広)2
2岩崎優(神)2
2三嶋一輝(De)2
2パットン(De)2

○奪三振数
1ジョンソン(広)8
1山口俊(巨)8
1三ツ間卓也(中)8
4青柳晃洋(神)7
4平良拳太郎(De)7
4今村信貴(巨)7
4高橋奎二(ヤ)7

○防御率 (規定投球回数以上)
1ジョンソン(広)0.00
1今永昇太(De)0.00
3浜口遥大(De)1.29
4平良拳太郎(De)1.35
5野村祐輔(広)1.50

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回÷9で算出 リーグ防御率は4.55
1ジョンソン(広)4.55
1今永昇太(De)4.55
3浜口遥大(De)2.54
4石田健大(De)2.53
5平良拳太郎(De)2.37

 広島のジョンソンとDeNAの今永、両左腕が完封勝利。救援では守護神に配置転換となった阪神の藤川がDeNAの山崎と並ぶ2セーブ。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)