パの優勝戦線にも影響? ブレークの兆し見せる驚異のオリドラ1ルーキー

オリックスのドラ1吉田正、注目は大物食いと抜群の勝負強さ

 パ・リーグの優勝争いが激しさを増している。

 11日は首位・日本ハムが楽天に敗れ、2位・ソフトバンクが西武に競り勝った。両者はわずか0.5ゲーム差。21、22日にはヤフオクドームで天王山となる直接対決2連戦も控えており、シーズン最終戦まで覇権争いは続きそうだ。

 ソフトバンクはリーグV3、日本ハムは2012年以来4年ぶりの優勝がかかっているが、“ルーキースラッガー封じ”も鍵となりそうだ。オリックスのドラフト1位・吉田正尚外野手だ。

 吉田正は3月25日の西武との開幕戦(西武プリンスドーム)で「1番・指名打者」で1軍デビュー。開幕から6試合連続安打をマークしたが、腰痛で4月24日に戦線離脱 。約4か月のリハビリを経て8月12日から1軍復帰し、今月11日時点で打率.298、7本塁打、22打点をマークしている。

 注目は大物食いと抜群の勝負強さ。8月27日は楽天・則本から2号ソロ、3号ソロと2打席連続連発。球団の新人では1969年の福本豊以来47年ぶりの快挙だった。

ソフトバンク戦で同点2ラン&決勝ソロと2戦連発

 さらに今月8日のソフトバンク戦(京セラドーム)ではリーグトップ14勝の和田から同点6号2ラン。翌8回の同カードでは中継ぎ左腕・森福から決勝7号ソロを放った。

 7本塁打のうち、3本が左投手からと左対左への苦手意識もない。身長173センチと決して大きくないが、広角に強い打球を飛ばせるフルスイングで日本ハム・増井、ロッテ・スタンリッジ、藤岡とボールに力のある投手からアーチをかけている。青山学院大時代に大学日本代表の4番を務めた23歳が、熱パを演出している。

 日本ハムはオリックスと13日からの3連戦(札幌ドーム)を含めて残り4試合。ソフトバンクも17日からオリックス3連戦(ヤフオクドーム)を控えている。

 吉田正の対日本ハム戦は打率.225、1本塁打、3打点。対ソフトバンク戦は打率.174、2本塁打、3打点と目立った数字ではない。それでも大物ルーキーは8月に打率.382、4本塁打、10打点、9月も11日時点で打率.242ながら3本塁打、8打点とブレークの兆しを見せ始めており、優勝争いを演じる2球団にとっても侮れない存在となりそうだ。

関連記事(外部サイト)