イチロー右越え二塁打&右前適時打! 今季25度目マルチで歴代単独25位浮上

マイアミ・マーリンズのイチローがマルチ安打 MLB通算3024安打となり歴代単独25位に

記事まとめ

  • マーリンズのイチローが敵地ブレーブス戦に、2番・レフトでスタメン出場した
  • 第1打席は二塁打、第3打席ではタイムリーを放ち、今季25度目のマルチ安打とした
  • これでメジャー通算3024安打となり、ルー・ブロック氏を抜いて歴代単独25位に浮上した

イチロー右越え二塁打&右前適時打! 今季25度目マルチで歴代単独25位浮上

イチロー右越え二塁打&右前適時打! 今季25度目マルチで歴代単独25位浮上

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

初回に158キロ速球を捉え、2試合連続ヒット

 マーリンズのイチロー外野手が12日(日本時間13日)の敵地ブレーブス戦で「2番・レフト」でスタメン出場し、今季25度目のマルチ安打を放った。これでメジャー通算3024安打とし、ルー・ブロックを抜いて歴代単独25位に浮上した。

 初回1死走者なしの第1打席。イチローは右腕フォルテネービッチが投じた2球目の98マイル(約158キロ)のストレートを捉え、右翼越えの二塁打を放った。今季15本目の二塁打で通算3023安打に到達。カブス、カージナルスなどで活躍したルー・ブロックの安打数に並んだ。イチローは2死後にワイルドピッチで三塁まで進んだが、後続が倒れて生還はならなかった。

 さらに5点を追う4回2死一、三塁の第3打席でライト前にはじき返すタイムリーをマーク。これで今季25度目のマルチ安打で通算3024安打とし、ルー・ブロックを抜いて歴代単独25位に浮上した。

関連記事(外部サイト)