ロッテ3連勝、マーティンが来日2号含む2打点&岩下快投 オリは1安打で連敗

ロッテ3連勝、マーティンが来日2号含む2打点&岩下快投 オリは1安打で連敗

来日2号本塁打を放ったロッテのレオネス・マーティン【画像:パーソル パ・リーグTV】

岩下は5回まで無安打投球、鈴木も2打点の活躍

■ロッテ 4-1 オリックス(30日・ZOZOマリン) 

 ロッテは30日、本拠地オリックス戦に4-1で勝利し、3連勝を飾った。新助っ人のマーティンが来日2号を含む2安打2打点と活躍。先発・岩下が7回途中1安打1失点7奪三振と好投し、5勝目(3敗)を挙げた。

 ロッテは3回、鈴木のタイムリーで先制。5回には2死走者なしでマーティンがライトへ2号ソロ。新助っ人が4試合目で2発目のホームランを放ち、リードを広げた。

 1点差に迫られた7回には、マーティンが適時二塁打を放つと、鈴木も適時二塁打を放ち、突き放した。

 岩下は5回まで無安打6奪三振と圧巻の快投。6回2死から安達に初ヒットを許したものの、無失点に抑えた。7回は四球2つで1死一、二塁とピンチを招いて降板。2死満塁から3番手・東條が宗に押し出し死球を与えたものの、後藤は二直で最少失点で切り抜けた。

 8回は唐川、9回は益田とつないで勝利。3連勝を飾った。オリックスは打線が1安打に終わり、2連敗となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)